ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    不育症に関すること

    • [公開日:2014年4月18日]
    • [更新日:2023年12月20日]
    • ページ番号:1783

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    お知らせ

    令和5年度から不育症の原因検索のために受けた検査に係る費用の助成を開始します。

    申請受付は令和6年1月4日から

    不育症とは

     妊娠はするけれども、2回以上の流産、死産を繰り返し、結果的に子どもを持てない場合を不育症と呼びます。

     習慣(あるいは反復)流産はほぼ同意語ですが、不育症はより広い意味で用いられています。

     日本、アメリカ、ヨーロッパでは2回以上の流産、死産があれば不育症と診断し、原因を探索することを推奨しています。また、1人目を正常に分娩しても、2人目、3人目が続けて流産や死産になったときは、続発性不育症として検査をし、治療を行う場合があります。

    不育症への支援事業

    本市では、不育症治療費費用と不育症検査費用への助成事業を行っています。

    1.不育症治療費補助事業

    不育症治療及びその治療に係る検査(治療の効果や副作用を確認する検査)に要した医療保険適用外の費用(院外薬局で処方された薬代を含む)について補助します。

     制度の詳細及び申請方法はこちらから 不育症治療費用補助金交付申請

    2.不育症検査費用助成事業 (令和5年度新規事業)

    不育症の原因検索のために受けた検査に要した費用について助成します。※保険適用の有無を問いません。

    制度の詳細及び申請方法はこちらから 枚方市不育症検査費用助成事業

    関連リンク

    お問い合わせ

    枚方市役所 健康福祉部 保健所 保健予防課 (直通)

    電話: 072-807-7625

    ファックス: 072-845-0685

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム