ページの先頭です
メニューの終端です。

あなたが撮った写真が広報ひらかたの表紙に!~ひらふぉと~

[2017年3月28日]

ID:6690

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

70周年の枚方の魅力に迫る力作をお待ちしています!

広報ひらかたの表紙を飾る写真募集コーナー「ひらふぉと」。
18万部発行で市内全世帯に配布される広報の表紙を飾るのはあなたの写真かも?
「ここが枚方!?」とまちの魅力を再発見できる写真を大募集中です。
自然の風景に限らず街中を撮影した写真でもOK!
市外在住者の応募も受け付けます。
応募作品から選考の上、広報課がその場所に関する記事を補足して掲載します。
応募作品は枚方市公式フェイスブックにも掲載!

最新号掲載作品(広報ひらかた平成29年9月号「黄金の照明」)

平成29年9月号表紙

高塚町在住のヒロイさん(40歳)が5月18日に枚方T-SITE内で撮影。「思わず目を奪われる巨大な本棚と、黄金に光り輝く照明を撮りました」。枚方T-SITEへは枚方市駅南側すぐ。

応募方法

電子メールに以下を書いて、写真データを添付し下記メールアドレスへ。

  • 住所
  • 氏名(ペンネーム希望の場合はペンネームも)
  • 年齢
  • 電話番号
  • 電子メールアドレス
  • 撮影日時、場所、撮影のポイントなど

あて先

注意

  • 写真はJPEG形式でお願いします。合成不可。
  • 紙面レイアウトの都合上縦写真を推奨します。
  • 編集の都合上トリミングする場合があります。
  • 印刷の仕様上、長辺約4100ピクセル以上を推奨します。
  • 枚方市内を撮影したものに限ります。
  • 顔がわかる写真は掲載できない場合があります。
  • 応募作品は選択した上で枚方市公式フェイスブックに掲載します。

これまでの掲載作品

下記をクリックすると該当する年の作品一覧にジャンプします。

平成29年

8月号「夏の車塚公園」

平成29年8月号表紙

山之上西町在住の長岡暁さん(62歳)が2年前の7月に撮影。「道を挟んで中央図書館側と輝きプラザきらら側に分かれていますが、季節の花がいろいろ楽しめる公園です。夏はやっぱり水遊びですね」。車塚公園へは京阪バス北片鉾行き「片鉾・中央図書館」下車すぐ。

7月号「平和の中の七夕祭り」

平成29年7月号表紙

長尾谷町在住の松下孝雄さん(72歳)が昨年7月2日に岡東中央公園で撮影。「平和の鐘ヒラリヨンに七夕まつりの飾りが重なって、平和のありがたさをかみしめました」。岡東中央公園へは枚方市駅南側徒歩2分。

6月号「山田池公園のアジサイ」

平成29年6月号表紙

藤阪北町在住の松下美名子さん(32歳)が5年前に撮影。青空の下、「雨の日とは違う表情に思わずシャッターを押しました」と松下さん。「またこの時期に山田池をぶらりと散歩したいです」。約2600株のアジサイが咲く「あじさい園」は例年、6月初旬〜中旬頃が見頃です。

5月号「田中邸のムク」

広報ひらかた平成29年5月号表紙

三栗在住の松下貞男さん(86歳)が昨年7月に撮影。「凛とそびえる大樹に圧倒されました」。田中家はかつての河内鋳物師。枚方上之町のムクは樹齢約600年の巨木で、昭和45年に府の天然記念物に指定されました。

4月号「Sunrise Photography at Yamadaike koen」

広報ひらかた平成29年4月号表紙

バングラデシュ出身で楠葉丘在住のジャカリア・ムハマド・ハサンさん(32歳)が昨年12月末に山田池公園で撮影。「日本の風景が好き」と話すハサンさん。「朝早くから待ちました。この写真が撮れたときはうれしかった」。

3月号「楠葉中央公園の夜桜」

広報ひらかた平成29年3月号表紙

東山在住のkeiko yamamoriさんが昨年4月に撮影。「建物と自然が一緒に撮れればと思い、持ち歩いているミラーレスカメラを構えました。街灯にライトアップされた夜桜が幻想的でした」。市内の桜スポットは「さあ!桜の季節です」ページで紹介しています。

2月号「山田池浮見堂」

広報ひらかた平成29年2月号表紙

伊加賀西町在住の上田信也さん(76歳)が、昨年11月、オオタカの探索中に撮影。「紅葉と見事にマッチングしていました」。山田池の南東からせり出す浮見堂は、四季折々の風景に調和し、市内を代表する撮影スポットの一つになっています。

1月号「ひらふぉと大特集」

広報ひらかた平成29年1月号表紙
平成29年1月号ではひらふぉと開始から1年間の応募を振り返り、人気撮影スポット5カ所を紹介する特集を組みました。
下記のPDFで表紙と特集をご覧いただけます。

広報ひらかた平成29年1月号ひらふぉと大特集

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

平成28年1月号~12月号

12月号「田園」

広報ひらかた平成28年12月号表紙

渚西在住のおやじんさん(64歳)が10月に近くの淀川堤防上から撮影。「保育所の子どもたちとコンバインが目に留まり、構図の面白さにシャッターを切りました」。渚西の堤防上からは、山と川と田園の織り成すパノラマが楽しめます。

11月号「枚方の新名所」

広報ひらかた平成28年11月号表紙

伊加賀本町在住の染林博さん(69歳)が8月に撮影。「夕焼けで赤く染まった空と、それが映り込んだT-SITEがとても印象的でした。枚方の新名所ですね」。枚方T-SITEへは枚方市駅南側すぐ。

10月号「穂谷のコスモス」

広報ひらかた平成28年10月号「穂谷のコスモス」

村野在住のまなぴんさん(25歳)が昨年10月にスマートフォンで撮影。「当時4歳の娘を下から撮りました。青空とコスモスがきれいで、生後8カ月の息子も一緒に散歩しました」。穂谷のコスモス畑へは京阪バス穂谷行き「境橋」下車、徒歩5分。

9月号「夢の大観覧車」(9月号から表紙に移動しました)

広報ひらかた平成28年9月号「夢の大観覧車」

東香里1丁目の長生知彦さん(68歳)が平成24年11月に撮影。「空の色が上に行くほど赤く、何とも言えない雰囲気を醸し出していました」と長生さん。ひらかたパークへは枚方公園駅の東改札口から徒歩3分です。

8月号「国見山の展望」

広報ひらかた平成28年8月号「国見山の展望」

長尾西町の大村博文さん(64歳)が6月3日早朝に撮影。「登山道は整備され歩きやすく、山頂にすぐ着きました」と大村さん。国見山は標高約300メートル。山頂からの眺めは枚方八景の一つにも数えられ、晴れた日には「あべのハルカス」も見えます。国見山自然巡回緑道(国見山入口)へはJR津田駅東口から徒歩約30分または京阪バスに乗り、「森下仁丹前」下車徒歩1分。穂谷方面へと続く緑道の先には野外活動センターもあります。

7月号「夕暮れの天津橋」

広報ひらかた平成28年7月号「夕暮れの天津橋」

甲斐田町の奥野一雄さん(63歳)が5月19日午後7時ごろに天津橋で撮影。「京阪電車の窓からもれる光を天の川に見立て、織姫のイルミネーションを入れてみました」と奥野さん。枚方市は七夕伝説ゆかりのまちであり、橋の周辺では毎年7月に地元商店街が中心となって「七夕まつり」が開かれています。天津橋へは京阪枚方市駅から北東へ約300メートル。

6月号「花しょうぶとスイレン」

広報ひらかた平成28年6月号「花しょうぶとスイレン」

田口4丁目の渡辺綱男さん(74歳)が昨年6月初旬に市民の森(楠葉丘2)で撮影。「四季折々の風景の中でも、花しょうぶとスイレンのコントラストが一番美しい」と渡辺さん。市民の森では161品種2500株の花しょうぶが6月上旬に見頃を迎え、6月下旬まで楽しめます。

5月号「空一面のうろこ雲」

広報ひらかた平成28年5月号「空一面のうろこ雲」

桜町のKEN2さん(50歳)が昨年12月9日に撮影。午後3時ごろ、淀川河川公園へ日課のウオーキングに出掛けたところ、空一面にはうろこ雲が。「これは珍しい」と思わずスマホをかざしたというKEN2さん。枚方と分かるように写した塔(水位流量観測所)がポイントです。

4月号「桜の美月橋」

広報ひらかた平成28年4月号「桜の美月橋」

牧野本町の岡田昇さん(67歳)が3月12日、山田池公園で撮影。長さ158mの美月橋は公園の南北を結ぶ歩行者専用の吊り橋です。「橋脚の近くにはまだ若い河津桜が咲き誇っていました」と岡田さん。市内の桜スポットでもある同公園には約200本のソメイヨシノなど7種類の桜が植えられています。山田池公園へは枚方市駅北口から京阪バス「出屋敷」下車、東へ約300m。またはJR藤阪駅から北西へ約700m。

3月号「夕刻の牧野駅」

広報ひらかた平成28年3月号「夕刻の牧野駅」

養父元町の横井越子さん(57歳)が今年の1月、日没後の午後5時45分頃に撮影。「夕方の雰囲気が好きで思わずカメラを構えました。異空間へ誘われるような気がします」と横井さん。駅を通過する電車と夕刻ならではの色合いが美しいコントラストを生み出しています。

2月号「意賀美神社の梅林」

広報ひらかた平成28年2月号「意賀美神社の梅林」

山之上西町の長岡曉さん(62歳)が平成24年3月に撮影。「梅が咲き始めると、花の季節がまたやってきたとワクワクします」と長岡さん。境内には約100本の紅白梅が植えられ、京阪沿線の梅の名所として多くの人が訪れます。2月中旬~3月が見頃。3月13日には梅林園まつりも開催されます。意賀美神社(枚方上之町)は枚方市駅南口から大阪方面へ徒歩約10分。

1月号「淀川の夜明け」(初回)

広報ひらかた平成28年1月号「淀川の夜明け」

枚方大橋から望む
夜明けとともに雲も流れ
朝日が枚方のまちを
照らし始めた
[撮影:平成27年11月25日午前7時18分]


あなたが撮った写真が広報ひらかたの表紙に!~ひらふぉと~への別ルート