ページの先頭です
メニューの終端です。

「高齢者保健福祉月間」啓発標語 過去の作品集

[2019年10月31日]

ID:24536

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「高齢者保健福祉月間」啓発標語 過去の作品集

本市では、誰もが生きがいをもち、健康で安心して生活できる長寿社会を築くため、毎年、「高齢者保健福祉月間」にふさわしい啓発標語を募集しています。

入選作品は、広報ひらかた紙面と「敬老のつどい」会場で発表するとともに、入選者には、辻尾仁郎氏(本市元職員、京田辺市在住)直筆の色紙をお送りしています。

ここでは、過去の入選作品を順次掲載していきます。


  

平成30年度 「高齢者保健福祉月間」啓発標語 入選作品

《特選作品》わかりあい 豊かに歳を重ねゆく

《入選作品》まだまだや 役に立てるで 高齢者

《入選作品》周りの人とつながって 安心出来る心地よさ

平成29年度 「高齢者保健福祉月間」啓発標語 入選作品

《特選作品》声をかける思いやり 声がかかる有り難さ

《入選作品》より添って 支えて育む 地域の絆

《入選作品》ふれあって 助けあい 絆が作る 地域の和

平成28年度 「高齢者保健福祉月間」啓発標語 入選作品

《特選作品》年重ね 今日も笑顔で声掛け合って 助けられたり 助けたり

《入選作品》忘れてもよ~し 堂々と生きてよ~し 寄り添い、ささえます あなたには年を重ねた強さがある

《入選作品》つちかった 長寿の知恵の 生きるまち

平成27年度 「高齢者保健福祉月間」啓発標語 入選作品

《特選作品》生きてるかぁ 大丈夫かぁ 一人やないでェ 街の皆んなが見守り隊

《入選作品》人生の先輩だからできること まだまだあります地域のために

《入選作品》老いてなお健康明るい笑顔で 福祉のまちづくり

平成26年度 「高齢者保健福祉月間」啓発標語 入選作品

《特選作品》一声かけて よりそって 笑顔で作る 地域の和

《入選作品》笑顔の毎日 地域の絆 心豊かに いきいきと

《入選作品》夢のある老いの笑顔は福祉のまちから


「高齢者保健福祉月間」啓発標語 過去の作品集への別ルート

ページの先頭へ