ページの先頭です
メニューの終端です。

高齢者居場所づくり事業

[2019年10月21日]

ID:13272

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

高齢者居場所づくり事業

高齢者居場所づくり事業は、高齢者が住み慣れた地域の中で、健康でいきいきとした暮らしができるように、自由に集まり、交流することができる場所を創るため、実施場所の登録と登録した実施場所の改修費用や備品等購入の費用を補助金として交付するものです。

一人ひとりが、それぞれの人生の主役です。地域の中で人とつながり、居場所があって、役割があって、することがある。集う人々にとって「やらされ感や義務感」ではなく、「やりがい感や満足感」が生まれる場所、本市ではそのような居場所づくりを目指しています。

登録について

高齢者居場所として登録するには、次の活動要件を全て満たしていることが必要です。

(1)3年以上継続して活動を行う意思を有すること。

(2)月2回以上、1回あたり概ね90分の活動が行われていること。

(3)市内に居住する高齢者5人以上が参加する見込みであること。

(4)活動するための場所が、12平方メートル以上あること。

(5)特定の者に参加を限定していないこと。

(6)飲食代や材料費等の実費負担を除き、参加費は無料であること。

(7)ひらかた元気くらわんか体操(※)などの介護予防活動を取り入れること。

(8)年に1回参加者数等の報告を行い、情報の公開(インターネット等)に同意すること。

(9)活動が営利・政治・宗教活動を目的としたものでないこと。

(10)暴力団、暴力団員の統制下にないこと。

 ※ひらかた元気くらわんか体操とは、枚方市のご当地体操です。


登録すると、

(1)市のインターネット等で広報するため、活動内容を周知することができます。

(2)市民の方が居場所をお探しの場合、市や地域包括支援センターが条件の合う居場所を紹介をすることがあります。

(3)年に1回、活動報告を提出しなければいけません。(様式第3号:枚方市高齢者居場所づくり活動実施概要報告書)

    登録する場合は、「枚方市高齢者居場所づくり登録申込書兼同意書」を市(地域包括ケア推進課)に提出してください。

また、登録した内容に変更が生じた場合は、「枚方市高齢者居場所づくり登録申込書兼同意書 変更届」を市(地域包括ケア推進課)に 提出してください。

(受付場所:市役所別館2階 地域包括ケア推進課)


補助金の交付申請について

(1)補助金交付申請の受付期間

受付期間                             

受付する小学校区

備考

令和元年(2019年)

7月1日(月)~

9月30日(月)

居場所未登録の小学校区 (5校区)

(さだ・殿山第一・高陵・田口山・桜丘北)

※各小学校区1か所のみ受付(先着順)です。

 

令和元年(2019年)

10月1日(火)~

11月29日(金)

登録2か所未満の小学校区(14校区)

(香里・五常・菅原・招提・中宮・磯島・さだ西・さだ東・樟葉北・中宮北・平野・長尾・東香里・西長尾)

及び上記5校区の2か所目

※同一校区で3か所目の受付は、12月以降になります。(先着順)

令和元年(2019年)

12月2日(月)~

令和2年(2020年)

1月31日(金)

市内すべての小学校区(45校区)

 

 

 

 

 

※補助金交付は1年間で20か所(先着順)です。上限に達した時点で、補助金交付申請の受付は終了します。

 

(2)補助金の交付対象者

  1.高齢者居場所づくり事業の登録をしていること。

  2.補助金交付申請の可能受付期間内であること。


(3)補助額・対象経費

補助対象となる経費は、登録した居場所1か所につき次の区分に掲げる経費として20万円を上限に補助

金を交付します。(1回限り)

ただし、改修費が対象とならない施設(※)については、補助額の上限額が10万円になります。

対象経費

区分

対象経費

備考

改修費

たたみ張替え、障子張替え、手すりの設置、床材の滑りにくい素材への取り替え、引き戸等への扉の取り替え、雨漏り修繕、壁紙の交換、照明器具・エアコン設置工事、その他、建物等を居場所として利用できる状態にするための改修に要する費用

【(参考)改修費の対象の施設】

個人所有の住居や空き家、空き店舗、地域住民団体所有の自治会館等

 

 

他の助成事業と重複する場合は、当該補助金の額を減額することがあります。

備品等購入費

段差解消のための可動式スロープ、滑り止めマット、エアコン、暖房器具、血圧計、体重計、体脂肪計、AED、ポット、食器、机、いす、座布団、本棚、ラジカセ、DVDプレーヤー、プロジェクター、スクリーン、その他、居場所の運営に必要な備品の購入に要する費用

介護予防用品購入費

運動用品(スポーツ用具、体操用マット、セラバンド、バランスボール、ノルディックポール等)、レクリエーション用品(囲碁、将棋、オセロ、本、CD、カラオケ、テレビ等)

(※)「改修費が対象とならない施設」とは、現在営業している喫茶店等の個人商店や介護保険等事業所など、同一場所で別の事業を実施している施設です。


【提出書類】

1.  (様式第1号)枚方市高齢者居場所づくり補助金交付申請書

2. 枚方市高齢者居場所づくり事業予算書(見本様式有)

3. 改修工事計画書(図面等)

4. 工事見積書

5. 工事前の状況を示す写真等

6. その他市長が必要と認める書類

※3~5は、改修工事を行う場合のみ提出すること。

(受付場所:市役所別館2階 地域包括ケア推進課)




手引き・申請書様式ダウンロード

高齢者居場所づくり事業 登録一覧

高齢者居場所づくり事業 登録一覧(令和元年10月21日現在)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

地域包括ケア推進課

電話: 072-841-1458

ファクス: 072-844-0315

お問い合わせフォーム


高齢者居場所づくり事業への別ルート

ページの先頭へ