ページの先頭です
メニューの終端です。

平成25年4月1日から未熟児養育医療の給付事務を枚方市役所で行っています

[2016年1月1日]

ID:4447

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

未熟児養育医療とは

身体の発育が未熟なままで生まれ、入院を必要とする乳児(以下「本人」といいます)に対して、その医療費の一部を助成します。ただし、指定養育医療機関での保険適用分の治療に限ります。なお、所得に応じて一部自己負担金が生じます。

対象者

枚方市内に居住する乳児で、次のいずれかに該当し、医師が入院養育を必要と認めた方

  1. 出生時体重が2,000g以下のもの
  2. 生活力が特に薄弱であって、次に掲げるいずれかの症状を示すもの
    (1)一般状態
     ・運動不安、けいれんがあるもの
     ・運動が異常に少ないもの
    (2)体温
     ・摂氏34度以下のもの
    (3)呼吸器循環器系
     ・強度のチアノーゼが持続するもの、チアノーゼ発作を繰り返すもの
     ・呼吸回数が毎分50を超えて増加の傾向にあるか、毎分30以下のもの
     ・出血傾向の強いもの
    (4)消化器系
     ・生後24時間以上排便のないもの
     ・生後48時間以上嘔吐持続しているもの
     ・血性吐物、血性便のあるもの
    (5)黄疸
     ・生後数時間以内に現れるか、異常に強い黄疸のあるもの
    (重度黄疸による交換輸血を含む)

給付内容

指定医療機関における入院時医療費の一部を支給します(ただし、健康保険法で対象としている医療費が給付範囲となりますので、保険外診療は助成の対象外)。
なお、後日枚方市よりお送りする納入通知書により、所得に応じた自己負担金をお支払いただきます。

未熟児養育医療給付の申請方法

「未熟児養育医療給付」利用の手引きを参照の上、必要書類を枚方市役所医療助成課へ提出してください(郵送可)。
※手引き・様式等は、医療助成課でお渡ししています(ホームページからダウンロードも可)。

1.「未熟児養育医療給付」利用の手引き

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

平成28年1月1日以降の申請には個人番号の確認が必要になりました

平成28年1月から、未熟児養育医療の申請に、個人番号(マイナンバー)の記載が必要になりました。

【下記(ア)および(イ)の書類をお持ちください】
(ア)世帯構成員全員の「個人番号カード(顔写真付き)」または「個人番号通知カード」
(イ)窓口にお越しいただく方の「身分証明書」
※「身分証明書」とは、下記(a)または(b)の本人確認書類をいいます。
(a):個人番号カード(顔写真付き)・運転免許証・旅券などの顔写真付きの官公署から発行されたもの。
(b):(a)がない場合は、以下の書類を2つ以上。
健康保険証、年金手帳、その他官公署から発行されたもの。
※本人と別居の親族が申請にお越しいただく場合は、申請者からの委任状が必要です。

本人確認および番号確認書類等の詳しくは「マイナンバー制度に係る番号確認および本人確認について」をご覧ください

お問い合わせ

医療助成課(直通)

電話: 072-841-1359

ファクス: 072-841-3039

お問い合わせフォーム


平成25年4月1日から未熟児養育医療の給付事務を枚方市役所で行っていますへの別ルート

ページの先頭へ