ページの先頭です
メニューの終端です。

枚方市上下水道局の組織と経営

[2017年2月24日]

ID:2679

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

組織と経営

枚方市上下水道局の組織

上下水道経営部と上下水道事業部の2部の下に、3室8課体制となっています

上下水道経営部

  • 上下水道経営室
     水道事業および下水道事業に関わる経営・企画・財務・契約、水道料金・下水道使用料、受益者負担金等
  • 給排水管理課
     給水装置工事の受付、排水指導、水洗化促進、水道・下水道の用地管理等
  • お客さまセンター
     水道料金、下水道使用料等の調定および納入通知、水道メーターの検針、開栓および閉栓等

上下水道事業部

  • 上下水道計画課
     水道事業および下水道事業の整備更新に係る計画、工事監理等

上水道整備室

下水道整備室

経営状況

水道

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
Excel Viewer の入手
xlsファイルの閲覧には Microsoft社のExcel Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Excel Viewer をダウンロード(無償)してください。

下水道

枚方市上下水道ビジョンについて

本市の水道事業と下水道事業は、平成23年4月に組織統合を行いました。
この統合を機に、両事業の方向性と基本的な考え方を整理するため、平成19年度に策定した「枚方市水道ビジョン」を改定し、「枚方市下水道ビジョン」と併せて、平成25年4月、「枚方市上下水道ビジョン」を策定しました。
また、「枚方市上下水道ビジョン」の実施計画的な役割を担う「水道施設整備基本計画」、「水道事業中期経営計画」、「下水道事業経営計画」を同時に策定しました。

枚方市上下水道事業経営評価

近年、水道事業の経営・業務分析に水道事業ガイドライン(社団法人日本水道協会 平成17年1月)が活用されており、事業の進捗管理、事業効果の点検・改善を図るため、枚方市上下水道ビジョン・枚方市水道施設整備基本計画、および枚方市水道事業中期経営計画の進行管理等を目的に、水道事業ガイドラインと枚方市水道事業中期経営計画主要施策に焦点をあてた水道事業経営評価システムを平成20年度に構築しました。(平成19年度については、評価システム構築に向けた試行評価を実施。)

経営評価システムの概要

  • 枚方市水道事業経営評価システムの概要
経営評価システムの流れ

評価実施に際し、局の自己評価とともに、有識者・市民で構成する枚方市上下水道事業経営委員会による外部評価を実施し、2段階による評価・改善の仕組みを構築し、経営の充実を目指しています。
また、評価結果を公表し、広く市民に意見を求めるものです。

評価結果は、以下のとおりです。

経営評価システムの流れ

  1. 局による自己評価(第一次評価)
    (1)経営評価(業務指標等を活用した類似団体とのベンチマーキング)
     水道事業経営指標9類型を参考に、以下の観点で抽出した業務指標(Pi)等を用いた比較・評価を行う。
     1.危機管理
     2.資産・財務
     3.施設の効率性
     4.経営の効率性
     5.料金
    (2)基本施策評価(計画主要施策36件の実績・成果評価を行い、その平均値をもとに施策総合評価を行う。)
    ・計画主要施策評価対象・・・27件(基本施策評・・・17件)
    ※Ss、S、A、B、Cの5段階評価を行い、評価結果の説明・分析並びに今後の取り組みの方向性等を記入
  2. 経営委員会による外部評価(第二次評価)
     局の自己評価結果等を踏まえ、自己評価で気付かない課題・必要性等の視点、経営委員会としての改善に対する提案など、第二次評価を実施
  3. 最終評価
     経営委員会からの提案等について、局としての対処方針等をまとめるとともに、上下水道ビジョン基本方向等の達成状況についても、経営評価結果をもとに確認
  4. 公表
     評価結果等の公表(枚方市上下水道局ホームページ)
  • 水道事業ガイドライン
     社団法人日本水道協会が平成17年1月に制定した「水道事業ガイドライン(注1)」に示されている「安心、安定、持続、環境、管理、国際」の6分類・137項目の業務指標について、現在ホームページ上から公表を行っております。
    (注1)水道事業ガイドラインとは、全国の水道事業者を対象に日本水道協会規格として策定され、水道施設能力、水道事業のサービス、事業運営など水道事業全般について定量化することができ、より客観的な分析をすることが可能となります。

枚方市上下水道局の組織と経営への別ルート