ページの先頭です
メニューの終端です。

景観法に基づく規制および届出について(景観計画・景観条例)

[2016年10月7日]

ID:9355

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

【お知らせ】景観計画を一部変更しました

良好な景観の推進に関わりの深い屋外広告物について双方の連携を図るために、平成28年10月に枚方市景観計画について、屋外広告物に関する事項を一部変更しました。

詳しくはこちらのページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

枚方市の景観施策について

枚方市では、平成10年に「枚方市都市景観形成要綱」を制定し、大規模建築物等の届出制度等により景観に関する取り組みを進めてきました。この度、平成26年4月に中核市に移行したことに伴い景観行政団体となり、良好な景観形成をさらに推進するため、景観法に基づく「枚方市景観計画」を策定し、「枚方市景観条例」を施行しました。

 「枚方市景観条例」と「枚方市景観計画」により、良好な景観形成を図り、枚方の新たな魅力づくりの実現をめざします。 

規定している内容について

枚方市景観計画

景観計画とは

景観法第8条に基づき、景観行政団体が、良好な景観の形成に関する計画として定めることができるとされるもので、

  • 景観計画区域
  • 良好な景観の形成のための行為の制限に関する事項※
  • 景観重要建造物または景観重要樹木の指定の方針

等を定めるものです。

※色彩についてのみ数値基準(マンセル値)があります。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
iro

(詳しくは景観計画をご確認ください)

 ※サブカラーは、色相は基準色の隣り合う系統まで(Y系ならば、YR系~GY系)、彩度差2以内(R系・YR系ならば彩度8以下、Y系ならば彩度6以下その他の色相ならば、彩度4以下まで)をサブカラーとして認めることとしています。

枚方市景観計画

枚方市景観計画区域

平成26年7月1日からは、市内全域が景観計画区域となりました。

枚方市景観計画区域図についてはこちらのページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

景観法に基づく届出について

景観法および景観条例に基づき、景観計画区域内で一定規模の建築行為等を行う際には、行為着手30日前までに届出が必要です。なお、計画が進んだ段階からでは変更が難しくなりますので、できるだけ早い段階でのご相談をお願いします。

枚方市での景観法に基づく届出についてはこちらのページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

景観形成の手引き

枚方市では良好な景観の形成を進めるために、建築物の新築や増改築に際して守っていただきたいことを「景観形成の手引」として示し、参考となる技法等を紹介しています。

景観形成の手引についてはこちらのページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

景観アドバイザー制度について

枚方市では良好な景観の形成を推進するために、「景観アドバイザー制度」を設けています。

景観アドバイザー制度についてはこちらのページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

景観協定等を目指す団体等への支援について

枚方市では良好な景観の形成を推進するために、景観法に基づく景観協定や、枚方市景観条例に基づく景観づくり協定等で取り組む団体等に対し、景観の形成に関する情報提供、助言その他の支援をしています。

景観協定等についてはこちらのページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

関連情報