ページの先頭です
メニューの終端です。

枚方の里山保全について

[2017年4月19日]

ID:4696

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

みんなの力で里山を守ろう!

東部地域の地図

長い年月、人の暮らしと自然とが関わり合ってできた、美しく豊かな自然環境である里山。
本市の東部地域、特に第二京阪道路以東の氷室地域(杉地区、尊延寺地区、穂谷地区)および津田地域には、今もなお緑豊かな里山が残されています。
この里山を、市民全体の貴重な財産として復元・保全し、次世代へ継承していくためには、地権者等、市民、行政が連携・協力して取り組む必要があります。
そのため、本市では、平成16年11月策定の「枚方市里山保全構想」をもとに、里山保全に取り組む具体策を示し、今後の基本的な指針となる「枚方市里山保全基本計画」を平成18年5月に策定し、里山保全の取り組みを推進してきました。
策定から10年経過し、生物多様性や自然環境保全意識の高まり、耕作地の放棄問題など、里山を取り巻く状況等が変化してきました。そのため、今後の里山保全の基本的な方針や方向性を見直し、新たな「第2次枚方市里山保全基本計画」を平成29年3月に策定しました。

計画

第2次枚方市里山保全基本計画

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

関連情報

枚方市里山保全構想

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。