ページの先頭です
メニューの終端です。

サービス管理責任者の研修受講に係る経過措置について

[2017年6月8日]

ID:12374

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 サービス管理責任者の資格要件のうち、「サービス管理責任者研修」及び「相談支援専門員初任者研修」の修了については、次のとおり経過措置が設けられています。

経過措置

◆新規に事業を開始する場合

 平成30年3月31日までの間は、実務経験の要件を満たすものについては、研修を修了しているものとみなす。(経過措置は平成30年3月31日をもって終了。)

◆やむを得ない事由によりサービス管理責任者が欠けた場合

 やむを得ない事由が発生した日から起算して、1年間は実務経験の要件を満たすものについては、研修を修了しているものとみなす。

◆多機能型の運営において複数種類の事業のサービス管理責任者を兼務する場合

 事業開始後3年間は、 「サービス管理責任者研修」のうち、少なくとも一つの種類の事業に係る分野の研修を事業開始後1年間(新規開設事業所にあっては平成30年3月31日まで)に修了している場合には、該当事業に係る全ての分野を修了しているものとみなす。

※平成30年4月1日以降は、新規事業所または既存事業所にかかわらず、原則として研修修了済みであるサービス管理責任者の配置が必須となります。

 サービス管理責任者の配置を要する事業所の新規開設を検討している場合又はサービス管理責任者の変更を検討している場合は、研修実施状況等を確認の上、研修修了済みであるサービス管理責任者の配置ができるよう事前準備してください。

 

サービス管理責任者の資格要件(別ウインドウで開く)

大阪府/サービス管理責任者研修・児童発達支援管理責任者研修について(別ウインドウで開く)

大阪府/相談支援従事者研修について(別ウインドウで開く)

お問い合わせ

福祉指導監査課法人・障害福祉事業者担当

電話: 072-841-1467

ファクス: 072-841-1322

お問い合わせフォーム


サービス管理責任者の研修受講に係る経過措置についてへの別ルート