ページの先頭です
メニューの終端です。

暴風警報等発表時の生涯学習市民センター施設利用等の取扱いについて

[2015年10月30日]

ID:4668

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

暴風警報等が発表された時の施設利用等の取扱い

特別警報の場合

枚方市もしくは東部大阪全域あるいは大阪府に、特別警報の発表があった場合、施設は閉館とします。使用を中止して、速やかに退館をお願いします。
状況に応じて、その後の対応を決定します。

暴風警報の場合

枚方市もしくは東部大阪全域あるいは大阪府に、暴風警報の発表があった場合、施設の閉館は行いません。ただし、ロビーおよび各部屋等をご使用されている方々につきましては、使用をできる限り自粛し、ご退館いただきますようお願いします。
なお、中学生以下のお子様については、直ちに帰宅するようお声をかけさせていただきます。保護者の方に迎えをお願いすることもあります。

使用料還付等の取扱いについて

特別警報または暴風警報発表日から解除日までにおいて、これらを理由に部屋の利用を中止した場合、使用料を還付(免除)します。
使用中に警報の発表があり、中止された場合、使用料は還付します。ただし、引き続き使用された場合、使用料は還付しません。

6週先の部屋予約の取扱いについて

午前8時の時点で特別警報または暴風警報が発令されている場合、午前9時30分からの窓口予約受付は中止し、翌日(休館日の場合は次の開館日)に順延します(午後1時からのインターネット予約を含む)。当日その後に解除された場合も同様とします。