ページの先頭です
メニューの終端です。

食品関係の営業について

[2015年1月30日]

ID:1838

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

食品関係の営業を始めたい

飲食店営業や菓子製造業など、食品関係の営業を行うには事前に営業許可を受ける必要があります。
詳しくは保健衛生課食品担当まで問い合わせてください。

営業開始までの流れ

  1. 事前相談
  2. 申請
  3. 審査(書類・現場)
  4. 適合
  5. 許可証交付
  6. 営業開始

※営業に必要な設備等があるため必ず事前に相談してください

許可申請に必要なもの

  • 食品営業許可申請書
  • 施設の図面・付近見取図(2部)
  • 食品衛生責任者の資格を証明するもの(原本とコピー1部ずつ)
  • 登記事項証明書(法人の場合 原本とコピー1部ずつ)
  • 手数料(業種によって異なります)

※業種によってその他にも添付書類が必要です。

書類や設備に不備があった場合、再審査になりますので、日数に余裕を持って相談・申請するようにしてください。設計段階で相談されることをおすすめします。

※枚方市外で営業を始めたい方は、施設の所在地を管轄する保健所へ問い合わせてください。

  • 申請に対する処分の審査基準及び標準処理期間について

食品営業の内容に変更があった場合

申請・届出書

食品営業許可内容に変更があったとき(法人の代表者名・営業者の住所・施設設備の変更など)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
Word Viewer の入手
docファイルの閲覧には Microsoft社のWord Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

生食用食肉等の取扱いについて

平成23年9月12日付けで、食品衛生法第11条第1項の規定に基づき、食品、添加物等の規格基準の一部が改正され、生食用食肉(牛の食肉(内臓を除く)であって、生食用として販売するものに限る。)の規格基準が定められました。

このことにより、生食用食肉の規格基準(成分規格、加工基準、保存基準、調理基準)および表示基準が新たに設けられ、平成23年10月1日より、規格基準および表示基準に適合しない牛肉(内臓除く)は、生食用として販売(提供)することはできません。

生食用食肉の調理・加工は、食品衛生管理者の資格を有するか、または大阪府知事が適切と認める生食用食肉取扱者が、基準を満たした生食用食肉専用の設備において行わなければなりません。

なお、加熱殺菌された生食用食肉を用いて単に細切等の調理のみを行う施設(調理基準を適用する施設)では、食品衛生責任者の資格を有する人が生食用食肉を調理することは可能です。

生食用食肉の調理・加工を行う場合は、事前にご相談ください。

大阪府知事が適切と認める人を養成するための講習会については下記ホームページをご覧ください。

大阪府ホームページ「生食用食肉等の取扱について」(別ウインドウで開く)