ページの先頭です
メニューの終端です。

談合防止対策等検討委員会「談合防止対策の構築に向けた取り組みについて」

[2008年4月11日]

ID:730

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成20年2月25日に、第2清掃工場建設工事に関する調査・談合防止対策委員会から市長に対して、これまでの検証結果の報告がなされ、今後の談合防止対策の構築に向けた取り組みの方向性が提言として示されたことを受け、庁内に設置された談合防止対策等検討委員会において、談合防止対策等の構築に向けた改善策をとりまとめ、平成20年4月10日に、市長に対して「談合防止対策の構築に向けた取り組みについて」を報告しました。

その内容としては、第2清掃工場建設工事に関する調査・談合防止対策委員会からの提言内容に則し、賠償金の率の引き上げ、入札参加資格の停止期間の見直し、公共建設工事に係る積算基準および主要な設計単価の庁内統一化、内部通報システムの構築、職員のコンプライアンス意識の向上といった改善策とその実施時期、担当部署を定めるとともに、全職員が一丸となって、より一層の公平性・競争性・透明性の向上に向けた取り組みを進めていくことを定めています。

今後、談合防止対策等検討委員会では、各担当部署が取り組む改善策が適切に執行されるよう進行管理を行い、適宜取り組み状況を市長へ報告するとともに、必要に応じて新たな改善策の検討を行うこととします。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

コンプライアンス推進課(直通)

電話: 072-841-1294

ファクス: 072-841-3039

お問い合わせフォーム