共通メニューなどをスキップして本文へ

みーんな、枚方家族!

枚方市 市長公室 広報プロモーション課tel 072-841-1258

市民インタビュイー富江さんの写真

市民歴 約17年 富江 則之さん Tomie Noriyuki

アパレル店de lusso経営令和3年度 北大阪商工会議所青年部地域活性委員会委員長樟葉在住開業を機に枚方へ。妻(写真右)、子ども2人と暮らす。

interview3_img2

受け入れてくれるまち

結婚してすぐ、樟葉でお店を出すことが決まって移住してきました。仕事場まで歩いて行ける距離に住みたくて。今は 妻と2人で店を切り盛りしています。内輪すぎず、私たちのような新しくやってくる人にも温かい。枚方は、人を受け入れてくれる街なんです。

便利すぎて、離れられない

歩いて1分ほどのところには妻に教えてもらった大好きなパン屋・ブーランジェリーこころが。ここの焼きたてのフリュイは絶品ですよ。

近所においしいパン屋があったり、家電屋やスーパーなどもできたりして樟葉はますます便利になっています。もう離れられない(笑)

interview3_img4
interview3_img3
interview3_img4
interview3_img5
interview3_img6

家族との時間を大切にできる

くずはモールのTOHOシネマズでよく映画を見ています。正月には家族で行ってみんなそれぞれ違う映画を見たことも。あれ、なんでみんなで見に行ったんだっけ?

映画だけじゃなくて、河川敷まで家族4人でサイクリングして、カップラーメン食べたり絵を描いたり。妻のピアノの発表会は家族全員で見に行きますし、子どもの運動会の日はお店をお休みします。今しかない家族との時間を大切にしていて、枚方はそれができる環境がそろっているんです。

interview3_img6

自分たちの手でまちをつくるどんどん広がる、可能性

お店のある商店会の方々と一緒に月一で清掃活動をしていて、家族で参加しています。子どもの頃から「ごみのないキレイな街」を知っていると、大人になってもキレイな街にし続けようと思ってくれるんじゃないかな。そしてそういう街に人は集まってくると思うんです。この活動、枚方で長年されている方がいて、牧野や宮之阪でも広がってきています。

北大阪エリアに事業者同士の繋がりづくりや特産品のマッチングができる道の駅があったらいいなと思っていて、北大阪商工会議所青年部の委員会で話しています。交野市、寝屋川市と合同でできないかと。ここは、地域愛に溢れる人がいるまちです。

interview3_img7

枚方市のをのぞく

#枚方映え で枚方の日常に価値を生み出したい―。そんな若手職員で結成された「インスタ隊」が美しき枚方を紹介しています。あなたの日常にも新たな価値を。

instagramをのぞく

枚方市 市長公室 広報プロモーション課tel 072-841-1258

Copyright (C) Hirakata City. All Rights Reserved.