ページの先頭です

住んでくれるなら、マイカタでもいい

再発進 ひらかた 人が主役のゆとりと賑わいのまちへ

[2019年1月23日]

ID:22208

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

再発進 ひらかた 人が主役のゆとりと賑わいのまち

枚方市では枚方市駅周辺地域を、市の中心市街地として魅力にあふれ賑わいのあるまちを目指すため、平成25年に枚方市駅周辺再整備ビジョンを作成しました。

ビジョンでは、まちの将来像として

「再発進 ひらかた 人が主役のゆとりと賑わいのまち」を掲げています。

現在、ビジョンを具体化していくために、枚方市駅周辺再整備基本計画の策定を目指しています。基本計画では、まちの将来像に合わせ、サブテーマに

「全ての世代がさまざまなライフスタイルを実現し、交流できるまち」を掲げ、

枚方市駅周辺を、住民や学生、就業者、来街者といった多様な人々が新たな発見や楽しむ、学ぶ・働く機会が得られる「職・学・住・楽」近接のライフスタイルを実現できるように、導入する都市機能の方向性や土地利用、施設規模・配置、総概算事業費などの検討を進めています。

この度、枚方市駅周辺再整備基本計画の素案がまとまりましたので、お知らせします。


枚方市駅周辺再整備基本計画(素案)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

新庁舎の整備を目指します

各種手続きなどでご利用いただいている市役所の庁舎は、施設や設備が老朽化しており、将来的には維持管理にかかる費用の増加が見込まれています。また、大規模災害時に防災拠点として運営できる耐震性が十分ではない状況です。さらに、待合スペースやプライバシーに配慮した窓口配置が十分な状況ではないため、来庁される方の利便性の面からも改善が必要です。

現在の庁舎のままでは構造上、課題の解消が困難なものや多額の改修費用を要するものもあり、施設の建替えにより抜本的に対応するため新庁舎を整備していく考えです。

新庁舎の整備については、枚方市駅周辺再整備基本計画と連携しながら、新庁舎の基本的な方針や考え方を取りまとめた「枚方市新庁舎整備基本構想」を策定するため、枚方市新庁舎整備基本構想意見聴取会(別ウインドウで開く)や市民アンケート・ワークショップ等の意見を踏まえながら必要性や基本的な考え方、機能と規模、庁舎位置、概算事業費などの検討を進めています。

この度、枚方市新庁舎整備基本構想の素案がまとまりましたので、お知らせします。

枚方市新庁舎整備基本構想(素案)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

市駅周辺等活性化推進部のこと、もっと知りたくなってきた方へ

平成30年度の取り組みの詳細は「部の運営方針」をご覧ください。

市駅周辺等活性化推進部の運営方針

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

市駅周辺等活性化推進部

電話: 072-841-1364

ファクス: 072-841-3039

お問い合わせフォーム