ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月13日更新

枚方市奨学金

枚方市では、経済的理由のため高等学校等への修学が困難な生徒に対し、教育の機会均等を図ることを目的として奨学金を支給しています。

 対象となる学校
 奨学生の要件
 給付額
 申請手続
 選定について

対象となる学校

学校教育法に規定する高等学校、中等教育学校(後期過程に限る。)、高等専門学校、特別支援学校(高等部に限る)、専修学校(修業年限が3年以上の高等課程に限る。)、各種学校のうち教育委員会が特に認めるもの(高等学校に準ずる外国人学校)

▲ページの先頭に戻る

奨学生の要件

  1. 枚方市に住所を有していること(枚方市に住民登録があること。本人が枚方市に住所を有していない場合であっても、その学資を負担している人が枚方市に住所を有しているときは、この要件を備えているものとする。)
  2. 向学の志を有していること
  3. 対象校に在学していること
  4. 経済的理由により修学が困難であること
    (注)特別事情(学資負担者の死亡・離婚等)による審査の申し出ができます。・・・・・事由を証明する書類が必要です。

▲ページの先頭に戻る

給付額

国立または公立の高等学校等に在学している生徒・・・月額4,500円
私立の高等学校等に在学している生徒・・・・・・・・・・・・月額6,500円
 (注)年2回(9月・3月)に分けて指定の銀行等に振込みます。

▲ページの先頭に戻る

申請手続

[願書配布]

 教育委員会学務課、市民室、津田支所、香里ケ丘支所、北部支所で 平成29年4月1日から配布

[募集期間]

 平成29年6月1日(木曜日)~平成29年6月30日(金曜日) 

[願書受付]

 教育委員会学務課、市民室、津田支所、香里ケ丘支所、北部支所

[申請書類]

  1. 奨学生願書・口座振替依頼書
  2. 収入に関する証明書 
  3. 在学証明書(平成29年4月1日以降発行分・学年が確認できるもの)
     (注)在学証明書に代えて学生証の写しを提出する場合は、平成29年4月1日以降発行で、顔写真、割印、学年の記載(単位制の場合は不要)、学校証明印がすべてそろっているものに限ります。
     (注)専修学校との連携高等学校は、2校分の在学証明書が必要です。

▲ページの先頭に戻る

選定について

平成26年度以降の入学者で、次に該当する方は枚方市奨学生の選定の対象となりませんので、ご注意ください。
 ・生活保護受給世帯の方
 ・市民税非課税世帯または市民税所得割非課税世帯の方

☆上記の方は大阪府が実施している「国公立高等学校等奨学のための給付金」「私立高等学校等奨学のための給付金がありますので、詳しくは大阪府にご確認ください。

奨学生の選定については、上記以外の方で、願書及び必要書類を期限内に提出された方の中から、住民税課税標準額の低い順に予算の範囲内で行い、本人宛てに郵送で、選定結果を通知します。

<参考資料>

 平成27年度当初認定者・・・・住民税課税標準額964,000円以下
 平成28年度当初認定者・・・・住民税課税標準額567,000円以下

                                                 (この金額は、毎年度応募状況により変動します。)

▲ページの先頭に戻る


このページのトップへ