広報ひらかた

お知らせ

福祉

精神保健福祉推進協議会からのお知らせ

 (1)(2)(3)(4)の場所はいずれもラポールひらかた。当日直接会場へ。(1)心の病の当事者クラブ(ひらりの会) お茶を飲みながらゆっくりしませんか。▼日時など 1月4日(木曜日)午後2時〜4時。参加費100円。(2)わかちあおう金曜会・土曜会 ▼日時など 第1金曜=12月1日、第3土曜=12月16日。いずれも午後1時30分。無料。(3)自死遺族わかちあいのつどい「ふきのとうの会」 自死で家族を亡くした人であれば誰でも参加可。▼日時など 12月23日(祝日)午後2時〜4時。参加費300円。(4)しあわせHOTフェスティバル 関西外大JAZZ研究会コンサートや心の病を持ちながら頑張っている人たちとの交流会。▼日時など 12月9日(土曜日)午後1時〜4時20分。無料。(5)こころの電話相談 苦しいときは一人で悩まずお電話を(電話846-5758)。秘密厳守。名前を告げる必要はありません。無料。1月1日・2日は休み。

 問合せ先、精神保健福祉推進協議会(社会福祉協議会内) 電話807-3017、ファクス845-1897

うつ病情報交流会

 当事者や家族、うつ病に関心のある人の情報交換の場。▼日時など 12月23日(祝日)午後2時〜3時30分、菅原生涯学習市民センター。無料。当日直接会場へ。見学可。

 問合せ先、菅原生涯学習市民センター 電話050-7102-3141、ファクス866-8820

障害者社会参加促進事業 スポーツ講習会

 いずれも対象は障害者・児と家族。ボッチャ教室の対象は重度脳性麻痺障害者・児。無料。

【かんたん卓球】

 12月9日(土曜日)・14日(木曜日)・21日(木曜日)午後1時〜4時45分、12月15日(金曜日)午後2時30分〜4時45分、17日(日曜日)・23日(祝日)午前9時〜11時45分、総合体育館。12月10日(日曜日)午前9時30分〜11時45分、16日(土曜日)・19日(火曜日)・26日(火曜日)正午〜午後2時45分、伊加賀体育館。12月5日(火曜日)・12日(火曜日)・20日(水曜日)午後3時〜5時、12月8日(金曜日)正午〜午後2時45分、サプリ村野体育館。

【フライングディスク】

 12月9日(土曜日)午後1時〜4時45分、総合体育館。卓球と同時開催。

【ボッチャ】

 12月3日(日曜日)正午〜午後2時45分、渚市民体育館。

▼申込 開催日前日までに電話またはファクス(住所・氏名・年齢・電話番号、教室名を明記)で枚方障害者スポーツ連絡会(電話・ファクス896-2861)へ。

 問合せ先、障害福祉室 電話841-1457、ファクス841-5123

点訳講習会

 点字の基礎や、視覚障害者との接し方を学びます。▼日時など 1月10日〜3月14日の毎週水曜午前10時〜正午。全10回。対象は初めて点字を学ぶ人。参加費1080円。▼申込 往復はがきに住所・氏名(ふりがな)・年齢・電話番号、講習会名、受講動機を書いて〒573-8666市障害福祉室へ。12月20日必着。抽選で20人。

 問合せ先、障害福祉室 電話841-1457、ファクス841-5123

認知症カフェ(オレンジカフェ)に行ってみよう

 認知症やもの忘れが気になる本人や家族、地域住民、専門職等、地域の誰もが気軽に集い、楽しく過ごしながら仲間づくりや情報交換等をする地域の拠点です。開催日時や参加費は各オレンジカフェへお問い合わせまたは市ホームページ参照。

▼オレンジカフェ一覧(10月1日時点)

(※各項目、名称、住所、連絡先の順で)

オレンジカフェ香里園
香里園町9
電話835-1010

オレンジカフェひまわり
氷室台1
電話858-5081

津田ぶどうの木デイルームカフェ
津田元町2
電話859-1346

そぉれ de おしゃべりカフェ
長尾元町7
電話864-5788

きらくカフェつどい
長尾家具町3
電話836-6006

こもれび
伊加賀北町3
電話843-7717

ぶらっとホーム
長尾宮前1
電話859-5005

オレンジカフェ ベルビー牧野
養父丘2
電話867-0036

オレンジカフェ 元気
茄子作4
電話396-2392

あられ
杉山手3
電話080-5366-3303

香里ケ丘こもれびカフェ
香里ケ丘3
電話854-5826

茶の音
南楠葉1
電話867-1253

さやわかカフェ
新町2
電話807-3448

そよ風カフェ
長尾宮前1
電話858-8341

ひだまりカフェ
春日北町4
電話808-5000

aina calm
池之宮1
電話865-4922

オレンジカフェ いこい
交北2
電話898-2193

実施団体登録

 オレンジカフェ実施団体の登録を募集。登録したカフェは市ホームページに掲載し、認定ステッカーを配布します。▼対象など 市内で月1回以上、一定の場所で継続的にカフェを運営でき、市内に住所を有する団体・個人・法人。▼申込 市役所別館2階地域包括ケア推進課にある申込書(市ホームページから取り出し可)を同課へ。郵送(〒573-8666)可。

講師報酬の助成も

 今年度実施する運営スタッフへの研修や地域住民への周知等の講座の講師報酬等を1カ所につき5万円以内で助成。詳細は同課へお問い合わせを。

 問合せ先、地域包括ケア推進課 電話841-1458、ファクス844-0315

福祉保健サービスの苦情はオンブズパーソンへ

 福祉オンブズパーソン(福祉保健サービス苦情調整委員)は「これまで受けていたサービスが打ち切られた」や「今受けているサービスに不満がある」などの市が提供する福祉・保健サービス(高齢者・障害者・児童福祉等)に関する不満や困ったことを、公正中立な立場で調整する第三者機関です。必要に応じて、市に意見を表明したり、制度を改善するよう提言を行います。担当は種智院大学人文学部社会福祉学科教授の明石隆行さん、弁護士の永嶋里枝さん。気軽にご相談を。無料。申し込みは福祉オンブズパーソン事務局へ。

 問合せ先、福祉オンブズパーソン事務局(健康総務課内) 電話841-1319、ファクス841-2470

要約筆記体験講座

 聴覚障害者に話の内容をその場で伝える文字通訳。手書きとパソコンを体験。いずれも場所はラポールひらかた。無料((1)のみ教材費100円)。子ども同伴不可。▼日時など (1)手書き=1月22日(月曜日)午前10時30分〜午後2時30分、(2)パソコン=29日(月曜日)午後1時〜3時。▼申込 往復はがきに住所・氏名(ふりがな)・電話番号・ファクス番号、講座名を書いて〒573-8666市障害福祉室へ。12月15日必着。抽選で20人。応募者少数で開講しない場合あり。

 問合せ先、障害福祉室 電話841-1457、ファクス841-5123

医療費助成制度のご利用を

 助成を受けると健康保険が適用される診療等の一部自己負担額が1医療機関あたり1日500円を限度に月2日(最大1000円)までになります(同じ医療機関でも入院・通院と歯科にはそれぞれ月2日を限度として一部自己負担額が生じます)。3日目以降および院外処方での調剤は自己負担額なし。対象は健康保険加入者で次の要件に該当する人。市役所別館2階医療助成課で申請手続きを。

 ※平成30年4月から要件や自己負担額などが変わります。

子ども医療

 0歳児〜中学3年生(15歳に到達した年度末日まで)。申請は随時受付。有効期限が小学3年生(9歳に到達した年度末日まで)または入院専用の医療証をお持ちの人は返却を。

ひとり親家庭医療

 次のいずれかに該当する18歳までの子ども(18歳に到達した年度末日まで)とその親または養育者。所得制限あり。(1)母子・父子家庭(2)両親のいない子どもとその養育者の家庭(3)両親のいずれかが重度障害の家庭。

障害者医療

 65歳未満で次のいずれかを所持し、本人所得が単身の場合462万1000円以下の人。(1)身体障害者手帳1級・2級(2)療育手帳A(3)療育手帳B1と身体障害者手帳3級〜6級の両方。

老人医療の一部負担金相当額等一部助成

 65歳以上で次のいずれかに該当する人。(1)身体障害者手帳1級・2級または療育手帳A、療育手帳B1と身体障害者手帳3級〜6級の両方を持つ人で所得が単身の場合462万1000円以下(2)感染症法(結核)・障害者自立支援医療(精神通院)・指定難病(旧特定疾患に限る)の医療を受けており所得が単身の場合224万円以下(3)ひとり親家庭医療資格要件対象者。所得制限あり。

 ※(2)は平成30年4月1日以降は対象外となり新規に申請できませんので、早めに申請を。平成30年3月31日時点で医療助成の資格のある人は3年間の経過措置の対象。

 問合せ先、医療助成課 電話841-1359、ファクス841-3039

ヘルプマークストラップを配布

 外見から分からなくても援助や配慮が必要なことを周囲に知らせるためのヘルプマークストラップ。市役所別館1階障害福祉室などで無料配布しています。詳細は同室へお問い合わせを。

 問合せ先、障害福祉室 電話841-1457、ファクス841-5123

ジョイフルクリスマス会

 コーラスやダンス、地域で活躍のお楽しみゲスト登場、ゲームなど。▼日時など 12月17日(日曜日)午後1時〜4時、メセナひらかた会館。対象は障害のある18歳以上。参加費400円。▼申込 12月1日〜8日に地域支援センターゆいへ。電話・ファクス(氏名・ファクス番号を明記。折り返し申込用紙を送付します)可。手話通訳希望の場合は申し込み時に連絡を。先着100人。

 ※当日のボランティアも募集中。

 問合せ先、地域支援センターゆい 電話808-2422、ファクス808-2423

心臓病の子どもに見舞金

 心臓病の子どもまたはその保護者が市内に引き続き1年以上居住し、18歳未満で心臓病の手術を受けた人に見舞金2万5000円を支給(対象者1人につき1回限り。生活保護受給者を除く)。手術後1年以内に申請を。

 問合せ先、医療助成課 電話841-1359、ファクス841-3039

みんなで考えよう!児童虐待

枚方市駅で防止街頭キャンペーン

 11月14日、児童虐待防止推進月間に合わせ、枚方市駅2階コンコースで街頭キャンペーンが行われました。伏見市長や民生委員など約30人が道行く人に呼び掛けながら子ども虐待防止シンボルマーク「オレンジリボン」やリーフレットなどを配布。受け取った市内在住の山本容子さん(33歳)は「テレビなどで目にすることも多いです。難しいテーマですが考えていきたいです」と話しました。

 問合せ先、子ども総合相談センター 電話050-7102-3220、ファクス846-7952