広報ひらかた

お知らせ

健康

市国民健康保険の加入者へ

 人間ドックと特定健診の併用受診を市内13医療機関で実施しています。併用受診すると人間ドックの費用から特定健診分を差し引いた金額で利用できます。詳細や申し込みは各医療機関へ。

▼医療機関

(※各項目、医療機関名、電話番号、所在地の順で)

有澤総合病院
電話847-2606 中宮東之町

稲垣医院
電話841-2166 大垣内町1

くずは画像診断クリニック
電話868-8882 楠葉花園町

敬節クリニック
電話804-5522 岡東町

市立ひらかた病院
電話847-2821 禁野本町2

高木診療所
電話854-6800 東香里南町

津田病院
電話858-8259 津田北町3

中村病院
電話868-2071 長尾播磨谷1

枚方公済病院
電話858-8233 藤阪東町1

星ヶ丘医療センター
電話840-2641 星丘4

松谷病院
電話859-3618 津田西町1

美杉会健診センター
電話864-0103 西招提町

山田メディカルクリニック
電話804-3008 岡東町

 問合せ先、国民健康保険室 電話841-1403、ファクス841-3716

家庭でのフグ中毒に注意

 フグ中毒は7割以上が家庭で起きています。フグ毒は青酸カリの約1000倍といわれる猛毒で、加熱や水にさらしてもなくなりません。種類により毒のある部位も異なり、季節や地域による個体差もあります。釣ったフグやもらったフグを自分で調理して食べることは大変危険です。食後20分〜3時間程度で口唇・舌端・指先の痺れが現れ、その後、知覚麻痺・言語障害・呼吸困難・運動麻痺・呼吸停止などの症状が現れます。最悪の場合は死亡する恐れがありますのでご注意を。

 問合せ先、保健衛生課 電話807-7624、ファクス845-0685

保健センターのお知らせ

 電話840-7221、ファクス840-4496

カラダの弱点を発見 体力測定

 対象は転倒の不安が大きい人や外出頻度の減っている人。▼日時など 体力チェック=12月20日(水曜日)、効果判定=3月28日(水曜日)。いずれも午後2時〜4時、保健センター。全2回。無料。運動できる服着用。▼申込 12月1日午前9時から電話で同センター(専用電話847-3750)へ。先着20人。

健康相談

 保健師が健康診査結果の見方や健康づくりなどの相談に応じます。無料。▼日時など 12月13日(水曜日)午前9時15分〜11時45分、保健センター。健康手帳・健診結果等持参。事前に同センターへ要予約。

健康講座

 いずれも場所は保健センター。無料。(1)お手軽ストレッチ〜そろそろ始める運動教室 1月17日(水曜日)午後1時30分。自宅でできるストレッチ体操や簡単な筋トレ。講師は理学療法士。(2)生活習慣病とからだのミカタ教室 1月22日(月曜日)午後1時30分。脱生活習慣病に向けて一緒に身体について学びます。講師は保健師・管理栄養士。健診結果・健康手帳持参。(3)女性のためのぷよぷよ引き締め教室 1月23日(火曜日)午後1時30分。家でできるストレッチ。女性特有の身体の悩みも。講師は保健師・女性の理学療法士。▼申込 (1)12月13日(2)18日(3)22日のいずれも午前9時から電話で同センター(専用電話847-3750)へ。先着(1)40人(2)25人(3)30人。

栄養相談

 管理栄養士が子どもの食事や大人の生活習慣病予防のための食事の相談に応じます。無料。▼日時など 12月13日(水曜日)・1月10日(水曜日)午前9時15分〜正午、12月18日(月曜日)・1月4日(木曜日)午後1時〜5時、保健センター。母子健康手帳・健康手帳・健診結果持参。事前に同センターへ要予約。

野菜たっぷりでバランスよく

カフェのランチが府内ヘルシー最優秀賞

 ギャラリー併設のカフェ「Note Gallery」(枚方市堤町8-15)が提供する「野菜たっぷりおかずランチ」が「ヘルシーメニュー2017人気コンテスト」ヘルシー部門で32店の中から最優秀賞に輝きました。府民の人気投票などで選ばれたもので、「野菜たっぷりでバランス良く毎日食べても飽きない」と高評価。代表の上田真由美さんは「お客さんの健康をサポートしたい」と笑顔でした。

 問合せ先、保健企画課 電話807-7623、ファクス845-0685

薬物、ダメゼッタイ!

街頭キャンペーンで中学生が啓発グッズ配布

 11月7日、枚方市駅コンコースで行われた薬物乱用防止街頭キャンペーンに、第二中2年の鎌田航成さんと森安宰哉さんが参加しました。職業体験の一環で、2人は保健所職員や警察官などと共に道行く人に呼び掛けながら啓発用タオルやリーフレット、ばんそうこう等を手渡しました。鎌田さんは「最初は緊張して声を出しにくかったですが、徐々に慣れてグッズを受け取ってもらえるようになりうれしかったです。この経験を生かして薬物の怖さを家族や友達に伝えていきたい」と話しました。

 問合せ先、保健企画課 電話807-7623、ファクス845-0685

食の基礎知識講座

 最新の食の知識を管理栄養士が話します。▼日時など 1月15日(月曜日)午後2時〜3時30分、ラポールひらかた。無料。▼申込 12月15日午前10時から電話で市ボランティアセンター(電話841-0181)へ。先着30人。

 問合せ先、社会福祉協議会 電話841-0181、ファクス841-0182

市立ひらかた病院 市民公開講座

 テーマは「知っていますか?女性のがんのこと」。講師は北河内緩和ケアナース会。▼日時など 12月16日(土曜日)午後2時〜3時30分、市立ひらかた病院。無料。当日直接会場へ。

 問合せ先、市立ひらかた病院医療相談・連携室 電話847-2821(代表)、ファクス847-2825

HIV検査を受けましょう

 11月24日〜12月7日は「エイズ予防週間」です。大阪府では20歳〜30歳代を中心にHIV感染者・エイズ患者が増加しています。HIV感染は検査でしか知ることができません。これを機会に検査を受けませんか。検査は市保健所で実施しており、同時に梅毒・クラミジア検査も受けられます。無料。匿名で受診できます。受付時間は毎週火曜(祝日・年末年始除く)午前10時〜11時30分。直接市保健所へ。

 問合せ先、保健予防課 電話807-7625、ファクス845-0685

市内14機関・団体が連携 健康医療都市ひらかた

コンソーシアムからのお知らせ

健康サポート講演会 市販の風邪薬の効能と使い分け

 市販されている薬の疑問や選ぶポイントについて枚方市薬剤師会会員の古池祐士さんが話します。▼日時など 12月7日(木曜日)午後2時〜3時30分、保健センター。無料。当日直接会場へ。

 問合せ先、保健センター 電話840-7221、ファクス840-4496

健康メモ

経口補水液とスポーツドリンク

 熱中症対策にスポーツドリンクをというCMを見かけることがあります。経口補水液とスポーツドリンクはともに食塩とブドウ糖を混合した水溶液です。スポーツドリンクは内容物が経口補水液と似ていることから「飲む点滴」と言われているようですが、経口補水液と比べてナトリウム量が大変少なく、乳幼児の脱水時にスポーツドリンクを与えると低ナトリウム血症から水中毒を引き起こすことがあると言われています。また、糖類の含有量が経口補水液よりはるかに多く虫歯になるリスクも上がるため、歯の健康のためには高頻度に飲まないことをお勧めします。 (枚方市歯科医師会)

 問合せ先、健康総務課 電話841-1319、ファクス841-2470