ページの先頭です
メニューの終端です。

緊急事態宣言の延長に伴う今後の教育活動について

[2021年9月10日]

ID:36579

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 

このことについて、大阪府に緊急事態宣言が発出されているところですが、期間延長の決定を受け、昨今の新型コロナウイルス感染症拡大の現状に鑑み、以下のとおり教育活動を取り扱います。


1.教育活動

(1)授業について

・新型コロナウイルス感染症拡大防止の対策を徹底して、授業を行います。

ただし、感染リスクの高い活動は実施しません。

・登校している児童・生徒にも、コロナ不安により家庭で学習する児童・生徒にも、学びを止めないための取組(ハイブリッド型授業)を9月30日まで継続します。

・臨時休業となった学校の児童・生徒に対しては、タブレットを活用して健康観察を行ったり、授業の配信や学習コンテンツの活用、学習プリント等の課題を通じた指導等、学習支援を実施します。

 

(2)修学旅行等、泊や府県間の移動を伴う行事について (9月30日まで出発分)

・原則延期とします。


(3)学校行事(運動会・体育祭・文化祭等)

・感染防止策を徹底しながら実施とします。

・感染リスクの高い活動は実施しません。

 

(4)部活動について

・原則休止とします。

※ただし、公式大会やコンクール、発表の場(文化祭等)への参加及び参加に向けての活動については、感染防止対策を徹底したうえで、活動時間を短縮して実施します。

活動を実施する場合は、発表や大会へ出場の3週間前からとします。

なお、いずれの場合においても、十分な感染症対策を講じるとともに、感染リスクの高い活動は実施しません。

・実施する際、発熱や風邪の症状がある場合は、活動への参加を見合わせるよう、引き続き指導を徹底します。

・部活動前後での生徒どうしによる飲食を控えるとともに、更衣時に身体的距離を確保するよう指導します。


(5)授業参観、学級懇談会等について

・授業参観については、緊急事態宣言の期間を終えるまで、中止または延期とします。

※ただし、運動会等の屋外活動の観覧等は、密にならないよう人数の制限、マスク着用、ソーシャルディスタンスの確保等、基本的な感染症対策を徹底し、密にならない工夫を施した上で実施可能とします。

 なお、感染症拡大の状況により、変更があります。

 




緊急事態宣言の延長に伴う今後の教育活動についてへの別ルート