ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    スマート街路灯により取得した人流データを公開!

    • [公開日:2022年7月21日]
    • [更新日:2022年7月21日]
    • ページ番号:36056

    人流データに基づいた効果的な施策を推進

    令和3年3月より、市役所前ふれあい通りでネットワークカメラなどを搭載した「スマート街路灯」の運用が始まっています。これは、日本電気株式会社(NEC)と連携協定を締結して実施する公民連携事業で、通行者の人数や年齢、性別などのデータを収集し、把握したデータは周辺施設の来客数予測によるフードロスの削減につなげるなど、市が目指すスマートシティの推進に向けた社会実験として、今後効果的な施策に活用していきます。

    また、電子モニターとスピーカーにより、通行者に合わせた情報も発信しており、把握した人流データに基づいた効果的な情報発信媒体としての活用も進めていきます。

    なお、取得データは街路灯内で解析後に即時破棄されるため、個人を識別できる情報は一切保存されません。


    ※スマート街路灯(全体)

    ※スマート街路灯(サイネージ)



    人流データの公開

    スマート街路灯により取得した人流データ(一部)を公開します。

    その他、データに関する詳細については企画政策室までお問い合わせください。

    なお、人流データは年4回公開予定ですが、新たなデータの公開時には過去のデータは削除いたします。



    (1)通行人数(日単位) <2022年3月1日~2022年3月31日分>




    (2)時間ごとの通行人数(性別) <2022年3月18日分>




    (3)時間ごとの通行人数の割合(年代別) <2022年3月18日分>




    (4)マスク着用率(年代別) <2022年3月1日~2022年3月31日分>


    人流データ一覧(NEC提供)



    参考資料