ページの先頭です
メニューの終端です。

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

[2021年9月30日]

ID:35501

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

緊急小口資金等の特例貸付を利用できない世帯で、一定の要件を満たす生活困窮世帯に対して、「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」を支給します。

※支援金の支給対象となる可能性がある方には、順次、申請書類を郵送します。

ご自身が対象と思われ、通知が来ない場合は、枚方市社会福祉協議会 地域福祉課へお問い合わせ下さい。


1.支給対象世帯 ※(1)(2)どちらも該当する世帯

(1) 緊急小口資金等の特例貸付を利用できない世帯 ※a~cいずれか

a.総合支援資金の再貸付を借り終わった 又は 令和3年11月末までに借り終わる

b.総合支援資金の再貸付が不承認となった

c.総合支援資金の再貸付の相談をしたものの、申し込みに至らなかった


(2)以下のすべてを満たしている世帯

◇世帯員全員の合計収入が下記を超えないこと

1人世帯... 12万2,000円

2人世帯... 17万6,000円

3人世帯... 22万1,000円

4人世帯... 26万3,000円

5人世帯... 30万4,000円

6人世帯... 35万円

7人世帯... 39万3,000円

◇世帯の預貯金及び現金の合計が下記を超えないこと

1人世帯... 50万4,000円

2人世帯... 78万円

3人以上世帯... 100万円

◇今後の生活の自立に向けて、下記のいずれかの活動を行うこと

・公共職業安定所に求職の申し込みをし、誠実かつ熱心に、以下に掲げる求職活動を行うこと

(1)月1回以上、自立相談支援機関の面接等の支援を受ける

(2)月2回以上、公共職業安定所で職業相談を受ける

(3)原則、週1回以上、求人先へ応募を行う、又は求人先の面接を受ける

・就労による自立が困難であり、この給付終了後の生活の維持が困難と見込まれる場合には、生活保護の申請を行うこと


2.支給額・支給期間

月額の支給額 :

1人世帯... 6万円

2人世帯... 8万円

3人以上世帯... 10万円

支給期間 : 3か月間(一括ではなく、一月ごとに支給)



申請について

申請期間・場所等

申請期間 : 令和3年7月1日~令和3年11月30日(土日祝 除く)

申請場所 : 枚方市社会福祉協議会 地域福祉課 Tel072-807-3448

受付時間 平日9:30~17:00

※事前予約制です。必ず事前に電話予約をお願いします。予約なくお越しの場合、長時間お待ち頂く場合がありますのでご注意ください。

※駐車場はありません。公共交通機関をご利用の上、お越しください。


申請時の添付書類

(1)本人確認及び世帯構成の確認書類

・住民票の写し

(2)再貸付に関する書類

<1.支給対象世帯のaに該当する方>

・再貸付の借用書(控)(再貸付の貸付決定通知書でも可)

・再貸付の振込状況がわかる通帳

<1.支給対象世帯のbに該当する方>

・再貸付の不承認通知

・上記が用意できない場合は、緊急小口資金及び総合支援資金の貸付の借入状況がわかる通帳

<1.支給対象世帯のcに該当する方>

・緊急小口資金及び総合支援資金の貸付の借入状況がわかる通帳

(3)収入関係書類

・世帯で収入がある方全員の、申請日が属する月の収入が確認できる書類

(4)金融資産関係書類

・世帯全員の申請日時点の金融機関の通帳

(5)求職活動関係書類(いずれか一方で可)

・公共職業安定所から交付を受けた求職受付票(ハローワークカード)

・生活保護を申請中の場合は、保護申請書(保護実施機関の受領印があるもの)

(6)振込先口座がわかる書類

・通帳等


※各添付書類については、写しでも可。

※通帳について、電子的にのみ管理している(いわゆるweb通帳)場合は、その画面を印刷したもので可。


新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金のご案内

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

枚方市社会福祉協議会 地域福祉課
電話: 072-807-3448 ファクス: 072-841-0182

枚方市役所 健康福祉部 福祉事務所(健康福祉総合相談担当)
電話: 072-841-1401 ファクス: 072-841-5711