ページの先頭です
メニューの終端です。

くずはロータリークラブからコーヒーメーカー等の寄贈を受ける

[2021年6月10日]

ID:35306

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナ対応によってひっ迫する医療従事者や保健所職員に安らぎのひと時を

新型コロナ変異株の感染拡大等により新規感染者が増加する中、医療従事者や保健所職員はひっ迫した業務状況にあります。

緊急事態宣言により、感染状況は一定の減少傾向に見えますが、まだまだ予断は許されない状況です。

そのようにひっ迫した状況の中、「業務にあたる方々に少しでも安らぎの時間を持っていただきたい」と、くずはロータリークラブから、6月8日に枚方市保健所及び市立ひらかた病院へコーヒーメーカー等の寄贈を受けました。

寄贈を受けたコーヒーメーカーは、お好みの味を複数種のカプセルから抽出できるタイプで10種類以上の味が楽しめるものです。枚方市保健所・市立ひらかた病院の合計720杯分のカプセルを6月から11月の期間毎月納品いただけるものです。くずはロータリークラブ会長 初木 賢司さんは、「私たち市民を支えてくださる皆さんへ、これからも何かできることがれば協力したい」と話されました。

枚方市保健所

市立ひらかた病院


くずはロータリークラブからコーヒーメーカー等の寄贈を受けるへの別ルート