ページの先頭です
メニューの終端です。

接種手続き・予約方法

[2021年7月30日]

ID:34800

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

接種手続き・予約方法

接種手続き・予約の流れ
 内 容 
STEP1 ワクチン接種の時期より前に、枚方市から「接種券」・「新型コロナワクチン接種のお知らせ」等が届きます。
STEP2

ご自身が接種可能な時期が来たことをご確認ください。

STEP3ワクチンを受けることができる医療機関(別ウインドウで開く)集団接種会場(別ウインドウで開く)をお探しください。
STEP4

インターネットを利用して「枚方市 新型コロナワクチン接種予約システム(別ウインドウで開く)」で予約または、「枚方市新型コロナワクチン予約・相談コールセンター(0120-855-755)」に電話で予約をしてください。また、一部の医療機関ではかかりつけ医として利用されている方を対象に接種予約を受け付けています。

※予約システムは、予約が可能となる予約開始日の午前9時にあわせてログインできるようになります。

STEP5

当日、接種券・本人確認書類(運転免許証や保険証など)・予診票(事前に記入)を必ず持参し、予約した医療機関や集団接種会場で接種を受けてください。

※枚方市LINE公式アカウントのメニューからもアクセス可能です。今般、LINE社における情報管理上の懸念が示されましたが、「枚方市 新型コロナワクチン接種予約システム」は、LINE本体機能とは別のシステムであり、LINE上では個人情報の取得を行いません。

※予約および接種を受けるためには接種券が必要です。詳細はこちら

接種費用

全額公費で行うため、接種費用は無料です。

ただし、コールセンターへの通話料(フリーダイヤルは無料)、インターネット通信料、会場等までの交通費等は自己負担となります。

接種回数

2回の接種が必要です。

ファイザー社のワクチンでは、通常、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます。

予約システム操作ガイド(動画)

動画のサムネイル

※画像をクリックすると動画が流れます。

【2回目用】の予約枠について

集団接種会場の画面

集団接種会場の場合:会場名に【2回目用】と表示

個別接種医療機関の画面

個別接種医療機関の場合:予約枠名に【2回目用】と表示

ワクチンを無駄にしないため重複予約は避けてください

市受付分の接種予約(一般受付・集団接種)と、かかりつけ医や大規模接種センターの接種予約は重複予約しないでください。

予約が重複した場合は、必ず一方の予約を取り消してください。

市受付分は予約システムまたは予約・相談コールセンターからキャンセル可能です。

基礎疾患のある人・高齢者施設等の従事者の優先接種

基礎疾患のある人・高齢者施設等の従事者が優先接種の予約をする際は、事前申請が必要です。詳細はこちら

保育士・教員・障害児通所支援事業所従事者等の優先接種

子どもたちを感染から守るため、日常的に子どもたちと関わる保育所(園)や幼稚園、小・中学校、障害児通所支援事業所等で勤務する人への優先接種を実施しています。優先接種の予約をする際は、事前申請が必要です。詳細はこちら

接種券(クーポン券)の同封物の点訳版・音訳版

6月28日及び7月2日に送付の接種券(クーポン券)の同封物の点訳版と音訳版を、7月2日以降、保健センター4階新型コロナワクチン事務処理センターおよび市役所別館1階福祉事務所(障害福祉担当)に設置します。

音訳版(4月上旬に送付分含む)はこちらにも音声ファイルを掲載しています。

聴覚や発語に障がいのある人に限りFAXでも接種予約を受け付けます

聴覚や発語に障害がある人に限り、ファクスで受け付けます。氏名・生年月日・ファクス番号・接種券番号・接種希望場所・接種希望日時をお送りください。

FAX:072-894-8031

※上記以外の人はファクス受け付けの対象外です。

「新型コロナワクチン接種の予診票」外国語版について

「新型コロナワクチン接種の予診票」外国語版については、こちら。
なお、予約・相談コールセンター(0120-885-755)では、英語、中国語、韓国語の対応をも行っております。

接種当日の流れ

接種当日の流れ1(集団接種の例)

接種当日の流れ2(集団接種の例)

接種に関する同意

予防接種を受ける人には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意思で接種を受けていただいています。受ける人の同意なく、接種が行われることはありません。

新型コロナワクチン接種についても、接種を受ける人の同意がある場合に限り接種を行うことになります。

接種日までに準備をお願いしたいこと

  1. 現在、何らかの病気にかかって、治療(投薬など)を受けている場合、その病気を診てもらっている医師に、接種を受けていいかどうか相談してください。
  2. 当日、接種を円滑に実施するためにも、ワクチンに関する質問等がある場合は、事前にコールセンターにお問い合わせください。

接種日当日にお願いしたいこと

  1. 接種会場に行く前に、予診票の説明書をよく読み、予診票をあらかじめ記入しておいてください。
  2. 接種会場に行く前に自宅で検温してください。熱がある場合や、体調がすぐれない場合は接種を控えてください。その場合、接種予定の医療機関に早めにお知らせください。
  3. 「接種券」「記入済の予診票」「本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)」を忘れずにご持参ください。

転入・転出時の手続き

枚方市では、16歳以上の人を対象に接種券を送付済です。該当する人で接種券の発行を希望する場合は申請してください。申請方法はこちら

住民票所在地以外での接種

ワクチン接種は原則、住民票上の住所地で受けることとなっています。ただし、以下の事情がある場合は、住民票上の住所地以外で受けることができます。

住民票所在地以外での接種

自身の状況

届け出の要否

申請先

• 入院、入所者
• 基礎疾患を持つ人が主治医のもとで接種する場合
• 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
• 市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
• 災害による被害にあった人
• 拘留または留置されている人、受刑者

市町村への届け出は不要
※入院・入所施設の主治医または市町村へお問い合わせください。

•単身赴任者
• 遠隔地へ下宿している学生
• 出産のために里帰りしている妊産婦
• ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者

市町村への届け出が必要
※「住所地外接種届(申請書)」を事前に提出し、「住所地外接種届出済証」を交付されると、住民票上の住所地以外で受けることができます。

枚方市での接種を希望される住民票上の住所地が枚方市以外の人
→下記【手続き】のとおりご申請ください。

枚方市以外での接種を希望される住民票上の住所地が枚方市の人
→接種を希望する市区町村にお問い合わせください。

【手続き】

以下のいずれかの申請方法により、「住所地外接種届(申請書)」を提出してください。

申請が受理された場合は「住所地外接種届出済証」を交付します。接種当日に必要となるため、忘れずにお持ちください。

なお、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、密な状態を回避するため、郵送もしくはWEBによる申請にご協力をお願いします。

手続きの詳細

申請方法

詳細

提出先

WEB申請

厚生労働省が設けるWEBサイトより、ご申請ください。

「コロナワクチンナビ」 https://v-sys.mhlw.go.jp/application/change-region.html

左記の通り

郵送申請

 以下の書類を右の【提出先】まで、ご郵送ください。 ※郵送料は自己負担となります。
• 記入済の「住所地外接種届(申請書)」
• 切手を貼った返信用封筒(84円切手・長形3号封筒)

〒573-1197
枚方市禁野本町2丁目13-13
枚方市保健センター4階
新型コロナワクチン接種事務処理センター

窓口申請

  以下の書類を右の【提出先】まで、ご持参ください。
• 記入済の「住所地外接種届(申請書)」

住所地外接種届(申請書)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

組織内ジャンル

新型コロナワクチン接種対策室

お問い合わせ

新型コロナワクチン接種対策室

電話: 072-841-1221(代)

ファクス: 072-840-4496

お問い合わせフォーム


接種手続き・予約方法への別ルート