ページの先頭です
メニューの終端です。

久門紙器工業株式会社からワクチン接種関連用品類の寄贈を受ける

[2021年4月16日]

ID:34695

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ワクチン接種がスムーズに行われ、感染拡大防止に繋がってほしい

4月15日、市は市内企業である久門紙器工業(株)から、新型コロナワクチン接種会場で使用する検温用の非接触検知器や消毒用アルコール、医療用廃棄物容器等の寄贈を受けました。

同社からは、新型コロナウイルス感染症が急拡大した昨年5月にも医療用ガウンやサージカルマスクといった感染対策用品の寄贈を受けており、今回、新たに寄贈の申し出をいただいたものです。同社小川真木子社長からは、「接種がスムーズに行われ感染拡大防止に繋がればうれしいです。」と話され、伏見市長は、「高齢者施設でのワクチン接種が本日から始まりました。今後、スピード感を持って進めるうえで非常にありがたい」と話しました。

寄贈いただいた関連用品類は、ワクチン接種会場等で活用させていただきます。