ページの先頭です
メニューの終端です。

センチュリー21 近畿住宅流通から新型コロナ対策応援基金等への寄附、手指消毒液の寄贈を受ける

[2020年11月20日]

ID:32918

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「第3波に負けないで」手指消毒液240リットルを寄贈

令和2年11月16日、市はセンチュリー21 近畿住宅流通から枚方市新型コロナ対策応援基金及び市立ひらかた病院への寄附並びに手指消毒液240リットルの寄贈を受けました。

センチュリー21 近畿住宅流通は、本市池之宮に本拠を置き、多くのグループ会社と共に総合的な住宅事業を営んでいます。

いまだ終息の見えない新型コロナウイルス感染症は、本市へも第3波が押し寄せており、11月に入り前半だけで約60人の方が感染されています。

このような状況の中、同社代表取締役 多田 義幸さんは、「少しでもお役に立てるなら」と、枚方市新型コロナ対策応援基金及び市立ひらかた病院それぞれに50万円の寄附、市役所各窓口等には、手指消毒液240リットルの寄贈を申し出ていただきました。

贈呈式では、「家族がひらかた病院に入院した際、担当してくださった医師、医療スタッフの皆さんには本当にお世話になりました。いつかお役に立てる機会がないかと常々考えておりました。」と話され、第3波に備えるためにできる限り早い段階でお渡ししたいと、贈呈式前の10月下旬に、寄附金、贈呈品それぞれをお預かりさせていただきまいした。

ご支援いただいた寄附金や寄贈品は、寄贈者のご意向に沿うよう必要とする場所で活用させていただきます。


センチュリー21 近畿住宅流通から新型コロナ対策応援基金等への寄附、手指消毒液の寄贈を受けるへの別ルート