ページの先頭です
メニューの終端です。

令和2年度高齢者インフルエンザ予防接種について

[2020年10月1日]

ID:31877

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

高齢者インフルエンザ予防接種は、今年度に限り「無料」で実施します。

枚方市では、新型コロナウイルス感染症の流行下におけるインフルエンザの重症化を防ぐため、令和2年度に限り高齢者のインフルエンザ予防接種の自己負担金(1,500円)を無料とします。

※新型コロナウイルスの影響で、接種希望者が例年より増える可能性があります。高齢者インフルエンザ予防接種の対象者で、接種を希望される人は、できるだけ早めの接種をご検討ください。

ワクチン接種により、インフルエンザによる重い合併症や死亡の防止に一定の効果が期待できます。

ワクチン接種後、免疫がつくまでに2週間程度かかります。ワクチンの効果は約5か月と言われています。

対象者

1.65歳以上の人

2.60歳から65歳未満で、心臓、腎臓、呼吸器の機能障害及びヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害があり、身体障害者内部障害1級と認定されている人

(注)枚方市取扱医療機関にて、生年月日の証明できるものを提示してください。また、2に該当される人は、身体障害者手帳も併せて提示してください。

接種期間

令和2年(2020年)10月1日から令和3年(2021年)1月31日まで

※この期間外に予防接種を受けた場合、任意接種となり全額自己負担です。

接種方法

枚方市高齢者インフルエンザ予防接種取扱医療機関に問い合わせ、本人確認ができるもの(健康保険証等)を持参し、接種をお受けください。

接種回数

接種期間内に1回限り。(2回目を接種する場合は任意接種となり、全額自己負担です。)

接種料金(自己負担金)

無料(令和2年度に限り、接種対象者は全員無料)

※接種料金の免除の対象となっていた生活保護受給者、市民税非課税世帯(世帯全員は非課税)、中国残留邦人等支援給付者の人については、令和2年度に限り、高齢者インフルエンザ予防接種の無料接種券の申請手続きは不要です。


枚方市取扱医療機関以外で接種する場合の手続きについて

予防接種実施依頼書の発行について

枚方市取扱医療機関以外で接種する場合は、接種する前に「予防接種実施依頼書」発行の手続きが必要です。接種してからの手続きはできません。依頼書を発行せず接種した場合は、任意接種となり全額自己負担となります。

実施依頼書に基づいて接種することにより、予防接種で健康被害が発生した場合、予防接種法に基づく救済措置の対象となります。希望される人は、「予防接種実施依頼書交付申請書(B類)」に記入の上住所・氏名・生年月日がわかるものの写しを添えて母子保健担当(保健センター)へ郵送してください。約1週間後予防接種実施依頼書、インフルエンザ予防接種予診票、インフルエンザ予防接種費用払い戻しの書類を送付します。お急ぎの場合は保健センターに来所にて即日発行します。

予防接種実施依頼書、記入したインフルエンザ予防接種予診票は、お受けになる医療機関に提出し、全額自己負担でインフルエンザ予防接種を受け、後日接種料金の払い戻し手続きをしてください。

郵送先

郵便番号 573-1197

枚方市禁野本町2丁目13番13号

枚方市保健センター 母子保健担当予防接種係宛

問い合わせ 電話072-840-7221



インフルエンザ対策について(厚生労働省)

インフルエンザ予防接種については、厚生労働省ホームページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

お問い合わせ

保健センター(地域健康福祉室 母子保健担当)

電話: 072-840-7221

ファクス: 072-840-4496

お問い合わせフォーム


令和2年度高齢者インフルエンザ予防接種についてへの別ルート