ページの先頭です
メニューの終端です。

大阪府新型コロナ警戒信号「黄色」が点灯

[2020年7月29日]

ID:31093

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

感染者が再び増加しています

大阪府は7月12日、新型コロナウイルス感染者が再び増加していることを受け、自粛要請や対策の基準を示した「大阪モデル」の警戒信号を「黄色」としました。期間は第1次として7月31日まで。詳細は大阪府ホームページ(別ウインドウで開く)をご確認ください。

枚方市内で感染者が増加傾向にあります。市内感染者の状況

これを踏まえ、感染拡大の防止に向けた以下の取り組みに引き続き、ご協力をお願いします。

5人以上の宴会・飲み会を控えましょう

大阪府は、1日当たり最多となる155人の感染が確認された7月28日に対策本部会議を開催し、以下の要請内容を決定しました。
府民へのお願い
  1. 5人以上の宴会・飲み会は控える。
  2. 3密で唾液が飛び交う環境を避ける。
  3. 業種別ガイドラインを遵守 (感染防止宣言ステッカーの導入)していないバー、クラブ、キャバクラ、ホストクラブ等の夜の街のお店の利用を自粛する。
  4. 重症化や死亡リスクの高い高齢者、基礎疾患のある方及びその家族は、感染リスクの高い環境の施設(上記の店舗等)を避ける。

感染拡大防止に向けた取組み(外出・イベントの開催・施設の使用・学校等について)【大阪府ホームページ】(別ウインドウで開く)

新しい生活様式の実践をお願いします

6つの新しい生活様式の実践

新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて
1.「3つの密」を避ける。
2.人との間隔は、できるだけ2メートル(最低1メートル)空ける。
3.症状がなくてもマスクを着用(気温・湿度が高い中では適宜はずしましょう)。
4.手洗いの徹底。
5.在宅勤務、ローテーション勤務、時差通勤の実施。
6.「大阪コロナ追跡システム」を利用ください。

若者の皆様へお願い

20代を中心に、いわゆる「夜の街」の滞在歴がある人への感染が拡大しています。夜の街での飲食の際は以下のポイントを守りましょう。

20代を中心とする皆さまへの注意喚起
  1. 換気の悪い、狭い空間で、飲食をしながらの、大声での会話は控える
  2. 大皿から直接、料理をとったり、お酌や回し飲みは行わない
  3. 感染予防対策をとっているお店を利用する

お店は感染防止ステッカー登録にご協力を

店舗などの事業者を対象に、ガイドラインを遵守している施設であることを示すステッカー。必要事項を登録すれば取得できます。安心して利用してもらえるよう目立つところに掲示してください。

感染防止宣言ステッカーについて【大阪府ホームページ】(別ウインドウで開く)

感染防止ステッカー

コロナ追跡システムのご利用を

不特定多数の人が集まる施設やイベントを対象に、QRコードを使って感染者と接触の可能性がある場合にメールで注意喚起を行います。市公共施設でも積極的な利用を呼び掛けていますので、イベント運営者や参加者の皆様にはご協力をお願いします。

大阪コロナ追跡システムについて【大阪府ホームページ】(別ウインドウで開く)

コロナ追跡システム

熱中症にご用心!

新型コロナウイルスによる環境の変化で熱中症のリスクが高まっています。一人一人が正しい知識を持って熱中症を予防しましょう。

暑さから身を守る3つの習慣

暑さのがまん、あかん!

涼む『暑さをしのぐ「クーラーの利用」』
・自分の感覚だけに頼らず、部屋の温度・湿度を確認し、クーラーを調節しましょう。
・外出先では涼しい場所で休息を取りましょう。

備える『暑さにつよい「からだづくり」』
・水分や塩分の補給をこまめに行いましょう。
・ウオーキングなどの汗をかく運動を継続して行いましょう。

気づく『暑さを知らせる「情報の活用」』
・「暑さ指数メール配信サービス」など、暑さの危険を知らせてくれる無料サービスを活用しましょう。

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

熱中症予防行動

「適宜、マスクをはずす」
・気温、湿度が高い中でのマスク着用は要注意です。
・屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずしましょう。
・マスクを着用しているときは、負担のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとった上で、適宜、マスクをはずして休憩しましょう。

「冷房時でも換気」
・冷房時でも換気を確保しつつ、室温を適切に管理しましょう。

「日頃から健康管理」
・日頃から健康チェックを行い、体調が悪いと感じたときは、無理せず自宅で静養しましょう。

関連情報