ページの先頭です
メニューの終端です。

図書館ニュース ほんわか第54号

[2021年10月20日]

ID:31062

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

この図書館ニュース『 ほんわか』はテープ版のほか、デイジー版(CD)と点字版、拡大文字版、墨字(普通文字版)もご用意しております。

また、パソコンのメール版でもお送りすることができます。

もし、他の種類で送ってほしいという希望がございましたら、お知らせください。

内容

1.図書館からのお知らせ

2.ごぞんじですか こんな人 こんな本

3.ベストオーダー(よくリクエストされている本)から

4.編集後記

1.図書館からのお知らせ

(1)ひらかた電子図書館のご案内


枚方市立図書館では令和3年7月1日から、電子書籍の貸出が始まりました。

ひらかた電子図書館は、インターネットを通じてパソコンやスマートフォン、タブレット端末等から、電子書籍が読めるサービスです。

電子書籍には、文字の大きさを変更できる機能や、合成音声による読み上げの機能が付いた図書もあるため、紙の本が読みづらい方でも読書を楽しむことができます。

ただし、音声読み上げができるのはパソコンを利用した場合のみです。

また、読み上げには誤読がある場合もありますので、ご了承ください。


問い合わせ先:中央図書館

電話:050-7105-8141

ファクス: 072-851-0962


(2)大人の学校「図書館活用講座 バリアフリー読書編」について

大人の学校は身近な話題をわかりやすく紹介する講座で、年に数回開催しています。

10月と11月に開催する大人の学校では、普通の大きさの活字が読みづらくなったり、読めなくなってしまった人が読書の楽しみを取り戻せるよう、枚方市立図書館が取り組んでいる読書のバリアフリーについてご紹介します。

 

<10月>

・日時:令和3年10月19日(火)午後2時~3時

・場所:中央図書館 6階 多目的室

・内容:中央図書館バリアフリー読書支援担当が取り組むサービスと本の紹介

参加申し込み:令和3年10月2日(土)午前9時30分から受付開始

 

<11月>

・日時:令和3年11月16日(火)午後2時~3時

・場所:中央図書館 6階 多目的室

・内容:ひらかた電子図書館のバリアフリー機能の紹介とスマホの機能を使った読書の紹介

参加申し込み:令和3年11月1日(月)午前9時30分から受付開始

 

定員は各回先着20名。

参加無料。

 

申し込み及び問い合わせ先: 中央図書館 参考資料室

電話:050-7105-8151


(3)市駅前サービススポットの移転について

現在、ひらかたサンプラザ3号館4階にあります市駅前サービススポットが、令和3年10月16日に同じ建物の5階に移転します。

もともと市民ギャラリーのあった場所の一部です。

この移転に伴い、業務内容や、土・日、祝日の開室時間、返却ポストの場所等が変更になりますので、ご注意ください。


移転後の所在地 〒573-0032

大阪府枚方市岡東町12番3号(ひらかたサンプラザ3号館5階)

問い合わせ先:市駅前サービススポット

電話:050-7102-3100

ファクス:072-843-2322

※電話番号・ファクス番号には変更はありません。

2.ごぞんじですか こんな人 こんな本

(1)森村誠一さん、養老孟司さんの話題の本

作家の森村誠一(もりむら・せいいち)さん、医学博士の養老孟司(ようろう・たけし)さん、

ともに80代の著名なお二人が、最新刊でご自身の病をきっかけに気づいた生き方や社会の問題を取り上げておられます。

今回の「ほんわか」ではそんなお二人の話題の本をご紹介します。

点字・録音図書の製作情報は【      】内に記します。


「老(お)いる意味(いみ) うつ、勇気(ゆうき)、夢(ゆめ)」      森村 誠一 著

老後は勇気をなくして乗り切れない。今までの人生の経験を凝縮して明日に立ち向かう。

老後は良いことばかりではない、思わぬ病気もする。老人性鬱病を告白し克服した作家の壮絶な闘い。

森村誠一が老後の生き方の意味を提言する1冊。


第1章 私の老人性うつ病との闘い

第2章 老人は、余生に寄り添う

第3章 老人は、死に寄り添う

第4章 老人は、健康に寄り添う

(以上、目次より)

【点字、音声デイジーで完成】


「養老先生(ようろうせんせい)、病院(びょういん)へ行(い)く」

養老 孟司、中川 恵一(なかがわ・けいいち) 共著

自身の大病、そして愛猫「まる」の死…。

医療との関わり方、人生と死への向き合い方を、みずからもがん患者である東大病院の名医とともに語る。

「テルマエロマエ」で知られるヤマザキマリとのスペシャル鼎談も収録。


第1章 養老先生、心筋梗塞から生還――病気はコロナだけじゃなかった

第2章 教え子医師が心筋梗塞を発見――養老先生、東大病院に入院

第3章 養老先生の病院嫌いの本当の理由――なぜ「医療」と距離をとるのか?

第4章 養老先生から学んだ医療の限界と可能性――なぜ病院に行くべきなのか?

第5章 特別鼎談 現代医療の矛盾と人間的医療――養老先生、どうして病院に行くのが嫌なの?(養老孟司×中川恵一×ヤマザキマリ)

(以上、目次より)

【点字で製作中、音声デイジーで完成】


(2)新作「シネマ・デイジー」のご紹介

他の図書館等で新しく製作されたシネマ・デイジー23タイトルをご紹介します。

聞いてみたい映画があれば中央図書館バリアフリー読書支援担当までご連絡ください。

タイトルの後に主な出演者もしくは監督や原作者の名前を記しています。



日本の映画【15タイトル】


●「愛(あい)のコリーダ 完全(かんぜん)ノーカット版(ばん)」      大島 渚(おおしま・なぎさ) 監督

●「アンダンテ 稲(いね)の旋律(せんりつ)」      新妻 聖子(にいづま・せいこ) 出演

藪崎千華(やぶさき・ちか)は、幼いころからの母親からの重圧、競争社会、人間関係に悩み、家に閉じこもる日々を送っていた。

ある日、千華は千葉県の水田を訪れ、「誰か私を助けてください。」と書いた紙をペットボトルに詰めて水田へ置いてくるが…。

●「嘘八百(うそはっぴゃく) 京町(きょうまち)ロワイヤル」     佐々木 蔵之介(ささき・くらのすけ) 出演

古物商と陶芸家が幻の茶器をめぐって一獲千金を狙う『嘘八百』の続編。

さえないコンビが、幻の茶器にまつわる人助けに乗り出す。

●「映画(えいが) ドラえもん のび太(た)の宇宙開拓史(うちゅうかいたくし)」     藤子(ふじこ)・F・不二雄(ふじお) 原作

●「教場(きょうじょう) DISC1」     木村 拓哉(きむら・たくや) 出演

ここで生き残った者だけが、警察官になれる。

警察学校という密室…そこで、何が起きたのか。

必死のサバイバルが始まる。

●「教場 DISC2」

●「心(こころ)の傷(きず)を癒(いや)すということ DISC2」      尾野 真千子(おの・まちこ) 出演

阪神・淡路大震災発生時、自ら被災しながらも、他の被災者の心のケアに奔走した若き精神科医・安 克昌(あん・かつまさ)氏。

手探りながらも多くの被災者の声に耳を傾け、心の痛みを共に感じ、寄り添い続けた日々。

在日韓国人として生まれ、志半ばでこの世を去りながらも、険しい道を共に歩んだ妻との「夫婦の絆」と、彼が寄り添い続けた人々との「心の絆」を描く。

●「次郎長三国志(じろちょうさんごくし)」      中井 貴一(なかい・きいち) 出演

●「チキンレース」      寺尾 聰(てらお・あきら) 出演

医師になりたくてもなれなかった神谷猛(かみや・たけし)は、挫折感を抱きながら看護師として働き始め、19歳で事故に遭ってから45年間眠り続けている飛田譲(とびた・じょう)を担当することになる。

ある日、飛田が奇跡的に意識を取り戻す。

心は19歳で体は64歳の飛田と神谷の間にはいつしか奇妙な友情が芽生え、2人は飛田の失われた青春を取り戻す旅に出る。

●「夏(なつ)の庭(にわ) The Friends」    三國 連太郎(みくに・れんたろう) 出演

神戸に住む小学6年生のサッカー仲間3人は、人が死んだらどうなるかに興味を抱き、きっともうじき死にそうな、近所に住む変わり者の老人を観察することにした。

3人は、屋敷に忍び込み、老人の日々を観察する。

初めは子どもたちを邪険に追い払う老人だったが、次第に優しく接するようになり、やがては子どもたちも庭の手入れを手伝うようになる。

そして老人は、徐々に子ども達に、自分の過去を語りだす。

●「日本(にっぽん)のいちばん長(なが)い日(ひ)」      大宅 壮一(おおや・そういち) 原作

●「日本(にほん)のいちばん長い日」      半藤 一利(はんどう・かずとし) 原作

●「星屑(ほしくず)の町(まち)」      小宮 孝泰(こみや・たかやす) 出演

「山田修(やまだ・おさむ)とハローナイツ」。

大手レコード会社の社員だった山田修をリーダーに、歌好きの飲み仲間、市村敏樹(いちむら・としき)等(ら)をコーラスに、天野真吾(あまの・しんご)をボーカルに迎えてスタート。

これといったヒット曲もなく、地方を回りながら、何とか活動を続けていた。

そんなある日、東北の田舎町でメンバーが出会ったのは、東京から出戻り、再び歌手になる日を夢見る田舎娘・愛(あい)。

突然、ハローナイツに入りたいと直訴して、大騒動に発展する。

●「まほろ駅前狂騒曲(えきまえきょうそうきょく)」      松田 龍平(まつだ・りゅうへい) 出演

ペンキ塗りから買い物代行、遺品整理にボディガードまで…。

なにかと柄の悪い街、まほろで便利屋を営む多田啓介(ただ・けいすけ)と、居候の同級生、行天春彦(ぎょうてん・はるひこ)。

人生を捨てかけたバツイチコンビのふたりに、かつてない、やっかいな依頼が舞い込む。

●「ミッドナイトスワン」      草なぎ 剛(くさなぎ・つよし) 出演

故郷を離れ、新宿のニューハーフショークラブのステージに立つ、トランスジェンダーの凪沙(なぎさ)。

ある日、凪沙は養育費目当てで、少女・一果(いちか)を預かることになる。

常に社会の片隅に追いやられてきた凪沙、実の親の育児放棄によって孤独の中で生きてきた一果。

そんな2人にかつてなかった感情が芽生え始める。



外国の映画【8タイトル】

☆以下は日本語吹き替え版です。


●「オーシャンズ13」      ジョージ・クルーニ 出演

●「シェフ 三(み)ツ星(ぼし)フードトラック始(はじ)めました」      ジョン・ファヴロー 監督

ロサンゼルスの一流シェフ・カールは、オーナーや評論家とケンカして店を辞めてしまう。

その後、故郷のマイアミを訪れたカールは、熱々のキューバサンドイッチの美味しさに驚き、これをフードトラックで移動販売することを思いつく。

カールは家族や仲間たちの協力を得て、本当に大切なものを見つけていく。

●「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語(わかくさものがたり)」      ルイザ・メイ・オルコット 原作

 ●「沈黙(ちんもく)の戦艦(せんかん)」      スティーブン・セガール 出演

核兵器を搭載した巨大戦艦・ミズーリ号が、テロリスト集団によってジャックされた。

全面的な核戦争にもなりかねないこの危機に、ひとりの男が立ち上がる。

彼の名は、ライバック。ライバックは単身、テロ集団に戦いを挑んでいくが…。

●「ドラゴン危機一発(ききいっぱつ)」      ブルース・リー 出演

●「運(はこ)び屋(や)」      クリント・イーストウッド 監督

アールは80代の男。孤独で金もなく、経営する農園には差し押さえの危機が迫っていた。

そんな時に、ある仕事が舞い込む。

ただ車を運転すればいいだけの訳もない話だ。

しかし、彼が引き受けたのは、麻薬の“運び屋”だった。

●「初恋(はつこい)のきた道(みち)」      チャン・イーモウ 監督

中国北部の美しい村。都会からやってきた若い教師に恋心を抱いた少女は、言葉に出来ない想いを料理を作ることで伝えようとする。

しかし時代の波が押し寄せ2人は離れ離れに。

少女は町へと続く一本道で、愛する彼を待ち続けるのだが…。

●「ムーミン谷(だに)のなかまたち VOL.2」      トーベ・ヤンソン 原作


3.ベストオーダー(よくリクエストされている本)から

枚方市立図書館の「文学」の活字図書のうち、8月13日~9月13日の1ヶ月間によくリクエストされた本50冊の中から

3つのジャンル別にそれぞれ上位のタイトルの本をご紹介します。

【       】内の数字はベスト50全体の順位を表します。

また、同じ期間のCDのベスト10も併せてご紹介します。


「ミステリー」


1位【2位】 「硝子(がらす)の塔(とう)の殺人(さつじん)」      知念 実希人(ちねん・みきと) 著

2位【4位】 「神(かみ)よ憐(あわ)れみたまえ」      小池 真理子(こいけ・まりこ) 著

3位【5位】 「未来(みらい)」      湊(みなと) かなえ 著

4位【6位】 「護(まも)られなかった者(もの)たちへ」      中山 七里(なかやま・しちり) 著

5位【7位】 「霧(きり)をはらう」      雫井 脩介(しずくい・しゅうすけ) 著

6位【8位】 「兇人邸(きょうじんやしき)の殺人」      今村 昌弘(いまむら・まさひろ) 著

7位【10位】 「沈黙(ちんもく)のパレード」      東野 圭吾(ひがしの・けいご) 著

8位【13位】 「二人(ふたり)の嘘(うそ)」      一雫(ひとしずく) ライオン 著

9位【14位】 「暮鐘(ぼしょう)」      今野 敏(こんの・びん) 著

10位【15位】 「殺(ころ)した夫(おっと)が帰(かえ)ってきました」      桜井 美奈(さくらい・みな) 著



「歴史・時代小説」


1位【1位】 「あきない世傳金(せいでんきん)と銀(ぎん) 11 風待(かぜま)ち篇(へん)」      高田 郁(たかだ・かおる) 著

2位【11位】 「星落(ほしお)ちて、なお」      澤田 瞳子(さわだ・とうこ) 著

3位【26位】 「婿どの相逢席(むこどのあいあいぜき)」      西條 奈加(さいじょう・なか) 著

4位【28位】 「一夜(いちや)の夢 照降町四季(てりふりちょうのしき) 4」 佐伯 泰英(さえき・やすひで) 著

5位【30位】 「もういちど」 畠中 恵(はたけなか・めぐみ) 著

6位【34位】 「勘定侍柳生真剣勝負(かんじょうざむらい やぎゅう しんけんしょうぶ) 4」 上田 秀人(うえだ・ひでと) 著

7位【36位】 「噂(うわさ)を売(う)る男(おとこ) 藤岡屋由蔵(ふじおかや・よしぞう)」 梶(かじ) よう子(こ) 著

8位【40位】 「白光(びゃっこう)」 朝井(あさい) まかて 著

9位【43位】 「梅花下駄(ばいかげた) 照降町四季 3」 佐伯 泰英 著

10位【44位】 「己丑(きちゅう)の大火(たいか) 照降町四季 2」 佐伯 泰英 著


 

「恋愛小説・ほか」


1位【3位】 「みとりねこ」      有川(ありかわ) ひろ 著

2位【9位】 「九十八歳(きゅうじゅうはっさい)。戦(たたか)いやまず日は暮(く)れず」      佐藤 愛子(さとう・あいこ) 著

3位【12位】 「三千円(さんぜんえん)の使(つか)いかた」      原田(はらだ) ひ香(か) 著

4位【16位】 「すぐ死(し)ぬんだから」      内館 牧子(うちだて・まきこ) 著

5位【17位】 「硝子戸(がらすど)のうちそと」      半藤 末利子(はんどう・まりこ) 著

6位【20位】 「小説8050(しょうせつ はちまるごまる)」     林 真理子(はやし・まりこ) 著

7位【21位】 「彼岸花(ひがんばな)が咲(さ)く島(しま)」      李 琴峰(り・ことみ) 著

8位【23位】 「52ヘルツのクジラたち」      町田(まちだ) そのこ 著

9位【24位】 「そして、バトンは渡(わた)された」      瀬尾(せお) まいこ 著

10位【29位】 「他者(たしゃ)の靴(くつ)を履(は)く アナーキック・エンパシーのすすめ」      ブレイディ みかこ 著


※これらの作品は新刊の図書が多く点字版、デイジー版として製作されていないものもあります。

ご希望の方は中央図書館バリアフリー読書支援担当までご相談ください。

問い合わせ先 電話:050-7105-8155



「CD」


1位 「YEAH!YEAH!YEAH!(イェー イェー イェー) J-POP 90s BEST」      氷室 京介(ひむろ・きょうすけ) ほか

[CD2枚組]

2位 「おいしいパスタがあると聞(き)いて」      あいみょん

[CD2枚組]

3位 「Traveler」      Official髭男dism(おふぃしゃる ひげだんでぃずむ)

[CD1枚]

4位 「70’s -ベスト100- 70年代(ねんだい)にヒットした洋楽(ようがく)の名曲(めいきょく)を100曲収録(きょくしゅうろく)!」

ジョン・レノン ほか

[CD5枚組]

5位 「ディズニーベスト・オブ・ベスト」 Alan Menken ほか

[CD1枚]

6位 「ポジションズ」 アリアナ・グランデ

[CD1枚]

7位 「R 35 Sweet J-Ballads」

[CD1枚]

8位 「愛と青春(せいしゅん)のニューミュジック大全集(だいぜんしゅう)」 大滝 詠一(おおたき・えいいち) ほか

[CD4枚組]

9位 「歌姫(うたひめ)~ベスト90’s~」 DREAMS COME TRUE ほか

[CD2枚組]

10位 「80’s -ベスト100- 80年代にヒットした洋楽の名曲を100曲収録!」 カルチャー・クラブ ほか

[CD5枚組]



※CDをお借りいただく際は次のニつのことをご理解ください。

(1)CDの利用は障害のある人に限っていませんので、貸出中や予約が多い場合もあります。

申し込みをされても、なかなか順番がまわってこないことがあります。

気長に余裕を持ってお申し込みください。

(2)CDの貸出期間は1週間で、貸出できる枚数は3タイトルまでです。

視覚障害のある方には録音図書と同じように自宅にお送りすることができます。

聞き終わりましたら、次に予約でお待ちの方がいる場合もありますので、返却期限はお守りください。


4.編集後記


今年は雨の多い夏でしたね。

いつもなら、ぎらぎらの日差しの中、元気いっぱい鳴くセミたちも、あまりの雨の多さに「もう1年土の中にいればよかったな…!」と後悔したのではないでしょうか。

天候不順のせいかはわかりませんが、我が家の周りでも例年ならあまり聴くことのないミンミンゼミやヒグラシが鳴いていたり、やたらとカラスが多かったりと、いつもと違う夏模様でした。

そんな夏も終わり、今朝はモズの高鳴きを聴きました。

これからはサンマと鍋がおいしくなる季節です。

楽しみ!楽しみ!


次回の「ほんわか」は12月発行予定です。


図書館ニュース 「ほんわか」 第54号

発行日 令和3年(2021年)9月30日


発行:枚方市立中央図書館 バリアフリー読書支援担当

〒573-1159 枚方市車塚(くるまづか)2-1-1

TEL:050-7105-8155

FAX:050-7105-8152

Eメールアドレス:toshokan5‐3@city.hirakata.osaka.jp

お問い合わせ

組織内ジャンル

中央図書館