ページの先頭です
メニューの終端です。

久門紙器工業株式会社と北大阪商工会議所から医療用品の寄贈を受けました

[2020年6月12日]

ID:30231

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「医療従事者の感染防止対策に役立ててほしい」感染予防用品類を寄贈

令和2年6月2日に、久門紙器工業株式会社からアイソレーションガウン2500着・医療用キャップ2500枚・シューズカバー5000枚・フェイスマスク2500枚・フェイスシールド1000枚の寄贈を、北大阪商工会議所からサージカルマスク14000枚の寄贈を受けました。

久門紙器株式会社 代表取締役社長の小川真木子様(写真右から2人目)は、「多くの医療従事者が労を惜しまず日夜奮闘されている状況を知った。第二波、三波の備えになれば。」と寄贈を申し出てくださいました。

寄贈された医療用品については、市立ひらかた病院を中心に活用させていただきます。