ページの先頭です
メニューの終端です。

枚方市の主な支援策(当初予算・補正予算)

[2021年5月14日]

ID:29533

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和2年4月の緊急事態宣言以降、新型コロナウイルス感染症の感染予防と社会経済活動の回復に向けた取り組みを進めるとともに、医療体制や保健所機能の強化は当然のことながら、緊急事態宣言下における生活課題の克服に向けた取り組みを進めてきました。
新型コロナワクチン接種については、4月15日以降、65歳以上の施設入所者を対象に開始し、5月17日以降は、施設入所者以外の65歳以上の市民へと対象を拡大し、順次、接種を進めているところです。また、追加で確保した高齢者約8万人分の予約枠に対しては、6月3日から予約受付を開始しました。しかし、感染の第4波により、3度目の緊急事態宣言が5月12日に発出され、当初、5月31日までとしていた期間は、6月20日まで延長されたところです。現在、感染者数は減少傾向にはあるものの、医療現場では依然としてひっ迫した状況が続いています。
このような状況下において、引き続き、社会機能の維持や経済的課題が克服できるよう、スピード感を持って進め、新型コロナウイルスに負けないまちづくりに全力で取り組む必要があります。
また、第3波以降、保育所においてクラスターが発生しており、子どもが集う場所での感染症対策が課題となっています。こうした考えのもと、6月定例月議会において新型コロナウイルス感染症対策第4弾として2億235万円(市負担額8889万円)を計上し、新型コロナウイルス感染症の在宅療養者等の支援策の拡充等に取り組みます。また、子どもを守るための感染症対策として、教員及び保育士等へのワクチン接種を優先的に位置付けるとともに、学校や保育所等でのPCR検査の強化にも取り組みます。なお、今回の市負担額を加えると今年度の新型コロナウイルス感染症対策経費の市負担総額は、23億6千万円となります。

令和3年度

★令和3年度 第4弾(令和3年6月11日)

★令和3年度 第3弾(令和3年5月14日)

★令和3年度 第2弾(令和3年3月23日)

★令和3年度 第1弾(令和3年2月26日)

令和2年度

第1弾~第12弾 新型コロナウイルス感染症対策経費 49,162,353千円

市負担総額 5,681,039千円

※市負担総額に対して、国の新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金

第1次交付額10億1千万円

第2次交付額27億2千万円

第3次交付額 2億1千万円が充当されています。

★令和2年度 第12弾(令和3年2月26日)

★令和2年度 第11弾(令和2年12月16日)

★令和2年度 第10弾(令和2年12月8日)

★令和2年度 第9弾(令和2年10月6日)

★令和2年度 第8弾(令和2年9月23日)

★令和2年度 第7弾(令和2年9月7日)

★令和2年度 第6弾(令和2年8月6日)

★令和2年度 第5弾(令和2年6月26日)

★令和2年度 第4弾(令和2年6月12日)

★令和2年度 第3弾(令和2年5月15日)

★令和2年度 第2弾(令和2年4月30日)

★令和2年度 第1弾(令和2年3月6日)