ページの先頭です
メニューの終端です。

新型コロナウイルス感染症の影響により納付が困難な方

[2020年5月18日]

ID:29383

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

徴収猶予の「特例制度」

新型コロナウイルス感染症の影響により、事業の継続が難しくなったり、収入が大幅に減少した等の理由で市税を一時に納付することが困難な場合、徴収猶予の「特例制度」が認められる場合があります。

詳細については納税課までお問合せください。

新型コロナウイルス感染症に関する徴収猶予の「特例制度」のご案内

対象条件

以下のいずれも満たすこと

1.新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、
事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。

2.一時に納付し、または納入を行うことが困難であること。

対象となる市税

令和2年2月1日から令和3年1月31日までに納期限が到来する市税(個人市府民税、固定資産税、法人市民税など)

申請期限

令和2年6月30日または納期限のいずれか遅い日まで

申請書類

1. 徴収猶予申請書

2-1. 財産収支状況書(猶予を受ける市税が100万円以下の場合)

2-2. 財産目録・収支の明細書(猶予を受ける市税が100万円を超える場合) 

3.収入減の事実を証するに足りる書類(現状の収入・現預金が分かるもの)

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から可能な限り郵送またはeLTAX(地方税ポータルシステム)(別ウインドウで開く)による申請をご活用ください。

郵送提出先 : 〒573-8666 大阪府枚方市大垣内町2丁目1番20号 税務室 納税課

eLTAXの詳細はeLTAXホームページ(別ウインドウで開く)をご確認ください。


※上記の要件に該当しない場合でも、分割納付など認められる場合があります。
※納期限内の申請が困難な方、資料提出が困難な方は納税課までお問合せください。