ページの先頭です
メニューの終端です。

新型コロナウィルス感染拡大防止にかかる保育認定の取り扱いについて

[2020年5月22日]

ID:29259

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

育児休業期間等の取扱いについて

   令和2年4月1日から6月末までを入所日として利用決定している方が、新型コロナウイルス感染症に起因して育児休業を延長された場合は、利用決定を取り消しません。職場復帰の確認書類は、復職後、速やかに保育幼稚園入園課に提出してください。

 ※ 既に利用を開始されているご家庭と、6月末までを育休明けの入所日として内定を受けておられるご家庭が対象です。入所日の変更ではなく、利用決定されたものとして取り扱いますので、保留通知の対象とはなりません。

当初予定していた入所希望日を変更する場合は、保育幼稚園入園課にご連絡ください。

育児休業等の延長期限

  令和2年6月30日まで

「ならし保育」についてもこの期間内に実施してください。(期間は保護者と施設で十分に調整のうえで決定してください)。


求職活動要件の再認定について

緊急事態宣言発令中、経済活動が縮小され求職活動が困難であった状況を鑑みて、令和2年6月30日及び7月31日で求職活動要件での教育・保育給付認定が満了する方を対象に、令和2年8月31日まで再認定します。

なお、9月以降も引き続き入所を希望される場合は、8月14日(金)までに労働申告書等の提出が必要となります。

利用者負担額(保育料)等の取り扱いについて(令和2年5月22日更新)

3月2日から6月30日の期間に家庭保育に協力いただいた場合については、国からの通知に基づき、利用者負担額(保育料)を日割り計算の上、還付します。

※ 今後の状況に応じて、対応に変更が生じる場合もあります。

手続き方法などの詳細については、こちら。(別ウインドウで開く)


担当部署等 

【保育利用や保育料についての問合せ先】

子ども未来部 保育幼稚園入園課 電話072-841-1472  FAX072-841-4319

お問い合わせ

保育幼稚園入園課(直通)

電話: 072-841-1472

ファクス: 072-841-4319

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

保育幼稚園入園課