ページの先頭です
メニューの終端です。

新型コロナウイルス感染症を防ぐために

[2020年4月2日]

ID:28199

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

クラスター(集団)の発生のリスクを下げるために

全国でクラスター感染が散発的に発生しています。

今後、これらを発生させないために、市民の皆様におかれましては、以下のことに注意してください。

クラスター(集団)の発生のリスクを下げるための3つの原則

  1. 換気を励行する(できるだけ2方向の窓を同時に開ける等)
  2. 人の密度を下げる(お互いの距離を1~2メートルあける)
  3. 近距離での会話や発声、高唱(大きな声で歌うこと)を避ける

感染症予防の基本は、こまめな手洗いや消毒と咳エチケットの徹底です。共用品(タオル・ハンカチ等)を使わないようにしましょう。

引用元である新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解の全文は以下のPDFファイル をご覧ください。

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議「新型コロナウイルス感染症対策の見解」(2020年3月9日)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

マスクの効果について

  • マスクは、咳やくしゃみによる飛沫(しぶき)を防ぐ効果が高いとされています。
  • そのため、咳などの症状のある人が、マスクの着用等による咳エチケットを徹底することで周囲の人への感染を防ぐことができます。マスクを使わない咳エチケットは、咳やくしゃみを手で受けずに口をハンカチやティッシュでおおう、間に合わないときには肘(ひじ)の内側で口をおおうなど、つばやしぶきを広げない方法をとってください。

現在、全国的にマスクの在庫が不足しています。
必要な人にマスクが行き届くよう、不必要な大量購入を控えるなど、冷静な対応をお願いします。