ページの先頭です
メニューの終端です。

新型コロナウイルス感染症の相談窓口

[2020年5月15日]

ID:27947

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

専用の電話相談窓口(コールセンター)

開設時間:午前9時~午後5時30分

電話:072-841-1253

ファクス:072-841-5711(平日午後5時30分以降および土・日、祝日に受付したものは翌日(平日)の回答になります)

メールフォームでの問い合わせはこちら(別ウインドウで開く)

相談・受診の前に心がけていただきたいこと

  • 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。
  • 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日体温を測定して記録しておく 。

ひらかた健康ホットライン24

看護師や医師らに健康や医療に関する相談ができる、枚方市民を対象とした24時間年中無休のフリーダイヤル電話相談です。(通話料・相談料無料。携帯電話から利用可)

新型コロナウイルス感染症に関する相談も、看護師・医師らが分かりやすくアドバイスします。医療機関の情報提供も行います。

電話番号

市内全戸を対象に配布している「広報ひらかた」のうら表紙のほか、市から配布しているリーフレット、マグネットなどをご確認ください。

ご利用にあたっての注意事項

  • 発信者番号を非通知に設定されている方は、はじめに186をダイヤルしてからご利用ください。
  • 枚方市民のための相談ダイヤルです。お名前(匿名可)、ご住所、年齢の確認があります(プライバシーは厳守されるシステムになっておりますのでご安心ください。)
  • 枚方市が委託した、専門のノウハウを持つ事業者が相談に応じます。

お電話での相談が困難な方

  • お電話でのご相談が困難な方は、ファックスでのご相談が可能です。
  • ファックスでのご相談を希望される方は、次の注意事項を必ずお読みください。
  • ご相談の際は、次の専用相談シートを必ずご使用ください。

ファックス番号 0120-531-665

新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)

電話:072-841-1326

ファクス:072-841-5711(平日午後5時30分以降および土・日、祝日に受付したものは翌日(平日)の回答になります)

相談の目安

少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐにご相談ください。

(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

☆息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

☆重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

☆上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)


(妊婦の方へ)

妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)等に御相談ください。

(お子様をお持ちの方へ)

小児については、小児科医による診察が望ましく、新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)やかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。

・新型コロナウイルス対策(COVID‐19)~子どものいるご家族へ~(厚生労働省)こちらをクリック(別ウインドウで開く)

・子どもに受診を迷う症状があるときの相談・受診の流れ(厚生労働省)こちらをクリック(別ウインドウで開く)

※なお、この目安は国民のみなさまが、相談・受診する目安です。これまで通り、検査については医師が個別に判断します。



その他の相談窓口