ページの先頭です
メニューの終端です。

新型コロナウイルス感染症および発生状況について【4月8日更新】

[2020年4月8日]

ID:27266

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市内における新型コロナウイルス感染症患者の発生状況

市内で4月7日に新型コロナウイルス感染症と確認された方のうち、1人が「セブンイレブン枚方香里ケ丘店」に勤務する従業員であることが発表されました。当該従業員は3月25日~4月1日に6回勤務しており、発熱などの症状はありませんでした。当該店舗は、当面の間休業として勤務する全従業員を出勤停止とし、速やかに消毒を実施します。

セブン-イレブンホームページへのリンク(別ウインドウで開く)

3月31日、本市保健所では、関西医科大学附属病院の職員1人(市外在住)が新型コロナウイルス感染症であることを確認しました。院外で感染したと考えられ、発病は29日で、27日午前9時以降は勤務しておらず、濃厚接触者は患者、職員共にいないと判断しています。病院内の消毒は済んでおり、通常診療を行っております。

関西医大ホームページへのリンク(別ウインドウで開く)


3月31日、ソフトバンク販売代理店のスタッフ1人(市外在住)が新型コロナウイルスに感染し、過去2週間のうち発症前の2日間(3月21日・22日)、枚方ビオルネ店に勤務していたと同社が発表しました。発表では、枚方市内の該当店舗について、3月31日~4月5日を臨時休業として店舗の消毒を実施するとともに、販売スタッフは自宅待機とし、また、当該スタッフの出勤日に来店して手続きされた方へ個別に連絡するとしています。

販売代理店における新型コロナウイルス感染者の発生について(ソフトバンクリリース資料)(別ウインドウで開く)

本件につきましては、感染拡大の防止に向け管轄の保健所と連携しながら情報収集を行っており、感染したスタッフの枚方市内での勤務が発症前であることから、現時点では本市において濃厚接触者の報告はありません。

市内における新型コロナウイルス感染症患者の情報

番号

報道提供日

年代

発症日

症状

入退院の状況

特記事項

13

4月7日

60代

4月1日

軽症

入院中

 

12

4月7日

30代

3月30日

軽症

入院中

 

11

4月7日

40代

4月2日

軽症

入院中

 

10

4月7日

30代

3月30日

軽症

入院中

 

9

4月7日

40代

3月31日

軽症

入院中

 

8

4月4日

70代

3月25日

軽症

入院中

7例目の同居家族

7

4月2日

70代

3月21日

軽症

入院中

 

6

3月22日

未就学児

3月22日

軽症

入院中

海外渡航歴有
(2月9日~3月18日、2月9日から通園なし)

5

3月22日

40代

3月19日

軽症

入院中

海外渡航歴有
(2月9日~3月18日)

4

3月22日

40代

3月18日

軽症

入院中

海外渡航歴有
(3月4日~3月18日)

※1~3(大阪府発表の7・14・69例目)の方は、すでに退院しています。

※入院患者の退院等基準:症状が治まってから24時間後に1回目のPCR検査、さらに24時間後に2回目のPCR検査を行い、2回とも検査陰性の場合

市内における相談件数および検査件数

4月2日現在の累計相談件数は2699件
4月8日の累計検査実施数は186件

大阪府の新型コロナウイルス感染症患者の発生状況

国内・国外における発生状況

市民の皆様へ

現在、大阪府と連携して、積極的な疫学調査を行っております。市民の皆様におかれましては、過剰に心配することなく、インフルエンザ予防と同様に咳エチケットの徹底や、流水と液体石鹸等で手洗いをする等の感染対策をしっかり行ってください。

咳エチケット(厚生労働省ホームページ)(別ウインドウで開く)

感染症対策(手洗い・うがい・咳エチケット)(大阪府ホームページ)(別ウインドウで開く)

新型コロナウイルス感染症を防ぐために(別ウインドウで開く)

妊婦の皆様へ

現時点では、妊娠後期に新型コロナウイルスに感染したとしても、経過や重症度は妊娠していない方と変わらないとされています。

妊婦の方への一般的な留意点、妊婦健診、発熱時の留意点およびその他詳細な情報を厚生労働省や関係学会が公表しています。

リーフレット「~妊婦の方々へ~」(厚生労働省ホームページ)(別ウインドウで開く)

「妊婦の方々などに向けた新型コロナウイルス感染症対策」をとりまとめました(厚生労働省ホームページ)(別ウインドウで開く)

日本産婦人科感染症学会ホームページ(別ウインドウで開く)

高齢者の皆様へ

現時点では、罹患しても約8割の方は軽症で経過し、治癒する例も多いことが報告されている一方、高齢者や基礎疾患のある方では重症化するリスクが高いことも報告されています。

しかし、外出自粛等により「動かない」(不活発な生活)状態が続くことにより、心身の機能が低下して「動けなくなる」ことが懸念されます。

下記の動画等を参考に、自宅でできる運動を取り入れ、健康の維持に取り組みましょう。

厚生労働省:新型コロナウイルス感染症への対応について(高齢者への皆さまへ)(別ウインドウで開く)

【運動でコロナ予防】免疫力アップトレーニングシリーズ〈筑波大学 久野研究室/企画・制作〉(別ウインドウで開く)

ひらかた元気くらわんか体操(別ウインドウで開く)

「新型コロナウイルス感染症」高齢者として気をつけたいポイント

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

その他

現在、全国的にマスクの在庫が不足しています。
必要な人にマスクが行き届くよう、不必要な大量購入を控えるなど、冷静な対応をお願いします。

なお、インターネット上には、新型コロナウイルス感染症に関するさまざまな情報が流れていますが、厚生労働省や大阪府、枚方市が発信する公式の情報をご確認ください。

新型コロナウイルスに関するFAQ(枚方市コールセンター)

本市の対応について

1月31日に新型コロナウイルス対策本部へ移行

中国・武漢で発生した新型コロナウイルスによる関連肺炎について、市は枚方市危機管理対応指針に基づき、1月26日から危機管理緊急対策会議を設置し対応に当たっておりましたが、29日に大阪府内で感染者の報告があったことから、30日に市長を本部長とする危機管理緊急対策本部を設置。

31日に新型コロナウイルス対策本部に移行しました。

今後も国、大阪府と密接に連携し、情報収集と市民への周知啓発にあたります。


関連リンク