ページの先頭です
メニューの終端です。

アートエキシビション (市所蔵作品の展示:与縄忠之『きりえ ヒラリオン』)

[2021年2月24日]

ID:27168

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます


アートエキシビション(市所蔵作品の展示)

「枚方市植村猛アート基金」を活用して、庁舎別館1階エレベータ横に美術作品の展示ブースを設けており、市所蔵作品等の展示をしています。この機会に是非ご鑑賞ください。


現在 展示中の作品

[作家]  与縄忠之

[作品名]  きりえ ヒラリオン

[技法] 切り絵

[制作年] 不明

[展示期間] 2月18日(木)~3月18日(木)


与縄忠之

大正14(1925)年生まれ。学生時代に日本画を学び、会社勤めをしながら切り絵の創作を始める。本市が発行する「ひらかた便利帳」の表紙をはじめ、枚方寝屋川消防組合の防火ポスターなどのデザインを担当し、好評を博す。

枚方をこよなく愛し、市内の風景などを切り絵で表現。枚方八景や鍵屋などの作品は切手にも採用される。 また、市内の愛好家とともに「枚方きり絵クラブ」を結成する。年1回、枚方市民ギャラリーでグループ展を開催し、美術の新しいジャンルであった切り絵の普及に努めた。平成19(2007)年、81歳で死去。





 




 




枚方市植村猛アート基金

枚方市では、平成27年7月に市内在住の植村猛氏より寄附を受けた1億円の原資を有効に活用するため、「枚方市植村猛アート基金」を創設しました。市の美術施設において、公開用備品等購入経費や企画展開催経費など、枚方市の美術施策の充実に活用しています。



アートエキシビション (市所蔵作品の展示:与縄忠之『きりえ ヒラリオン』)への別ルート