ページの先頭です
メニューの終端です。

さらに愛される王仁(わに)公園へ 皆さんと一緒に検討を進めています。

[2020年8月28日]

ID:26174

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市民アンケート調査結果と王仁公園におけるあり方検討の取り組み概要につきまして

現在枚方市では、王仁公園の魅力向上を目指し、民間活力導入による検討をすすめています。

これまでの取り組みとして、市民アンケート調査を実施しました。

アンケートへのご協力ありがとうございました。今後も引き続き、検討を進めていくとともに、市民の皆さんへの情報提供をおこなってまいります。

また、アンケート結果を参考とさせていただいた取り組みとしての概要をまとめましたので掲載させていただきます。

王仁公園のあり方検討の取り組み概要

市営最大の総合公園 9.29ヘクタール

 市内に505ある市営公園の中でも最大の面積を誇る王仁公園。競泳用の50mをはじめ流水・造波など子供たちに人気のプールや、夜間照明付きの運動広場、オムニコートのテニスコートが4面、クレーコートのバレーボールコートが2面あります。他にも、起伏に富み自然に囲まれた敷地には芝生広場があります。

老朽化で大規模改修 避けられない状況に

開園から3年後の昭和49年にオープンした屋外プールは年間約7万人が利用する人気施設。平成12年にリニューアルしたもののオープンから44年が経過し、近い将来の大規模改修が避けられない状況となっています。また、夏季以外の利用ができないことなどから直近では年間約2,500万円の財政負担となっています。
プール運営収支の推移
平成26年度(円)平成27年度(円)平成28年度(円)平成29年度(円)平成30年度(円)合計(円)
(1)歳入プールの入場収入28,780,25031,695,51036,105,60033,612,47029,696,510159,890,340
(2)歳出指定管理料52,726,00054,509,00054,509,00054,509,00054,509,000270,762,000
本市が修繕した費用7,696,026 3,006,936 4,490,640 1,092,960 1,951,808 18,238,370
合計60,422,026 57,515,936 58,999,640 55,601,960 56,460,808 289,000,370
(1)歳入-(2)歳出=▲ 31,641,776▲ 25,820,426▲ 22,894,040▲ 21,989,490▲ 26,764,298▲ 129,110,030
年平均▲ 25,822,006
※ランニングコスト以外の歳出
改修工事(建築物保全計画による)
35,294,832 13,322,880 0 0 1,834,000 50,451,712
運動施設(運動広場、テニスコート等)の運営状況
平成26年度(円)平成27年度(円)平成28年度(円)平成29年度(円)平成30年度(円)合計(円)
(1)歳入運動広場の収入1,440,0001,572,0001,545,0001,527,0001,551,0007,635,000
テニスコート等の収入7,163,4007,266,0006,925,2004,752,0007,129,80033,236,400
合計8,603,4008,838,0008,470,2006,279,0008,680,80040,871,400
(2)歳出指定管理料13,962,00014,433,00014,433,00014,433,00014,433,00071,694,000
本市が修繕した費用0 0 551,880 0 1,211,612 1,763,492
合計13,962,000 14,433,000 14,984,880 14,433,000 15,644,612 73,457,492
(1)歳入-(2)歳出=▲ 5,358,600▲ 5,595,000▲ 6,514,680▲ 8,154,000▲ 6,963,812▲ 32,586,092
年平均▲ 6,517,218
※ランニングコスト以外の歳出
改修工事(テニスコート全面改修)
00041,148,000041,148,000

※指定管理者は、平成26年度から平成30年度までの5年間、枚方体育協会・木幸SP共同企業体が都市公園有料施設の運営を行っていました。

令和元年度から令和3年度までの3年間は、枚方体育協会・木幸SP共同事業体が都市公園有料施設の運営を行っています。

都市公園法が改正 民間活力をより生かしやすく

平成29年6月に都市公園法が改正され、民間事業者による公共還元型の収益施設の設置管理制度が創設されました。カフェやレストランなどが設置可能になり、管理者を民間事業者から公募選定した際の設置管理許可期間が10年から20年に延長されました。建ぺい率も緩和され、公園リニューアルに向けてより柔軟に民間事業者と連携することが可能になりました。

スケジュール

年月 実施内容 
令和元年9月

市役所の関係部署が集まって公園のあり方に係る検討会を立ち上げました

令和元年12月公園のあり方に係る検討調査を始めます
令和2年2月

市民アンケートを行います

令和3年度中期

市民説明会を行います

※市民説明会の開催方法については、コロナ禍の状況を勘案し決定いたします。

令和3年度中期市民へ意見・情報・改善案などを求めます(パブリックコメント)
令和3年度下期公園の将来像やあり方を決めます(基本方針を策定)

さらに愛される王仁(わに)公園へ 皆さんと一緒に検討を進めています。への別ルート