ページの先頭です
メニューの終端です。

いただきます!2019<今日の給食>(6月)

[2019年6月28日]

ID:24294

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

6月の給食

新学期が始まって2か月。学校ではいよいよプールが始まります。子どもたちは、目いっぱい体を動かして、おなかを減らせて給食時間を迎えます。調理場では、子どもたちの健やかな成長を願う心を込めて、調理員さんたちが約1000食の給食を作っています。

毎日の給食を、栄養教諭の先生の一言とともに紹介しています。

給食当番

6月28日(金)

コッペパン・わかめスープ・なすのソテー・太刀魚の唐揚げ・牛乳


給食に初登場の太刀魚は、体が刀のように細長く、銀色をした平たい魚です。体長は1メートルを超えるくらい大きく、身はやわらかいです。立って泳ぐともいわれています。今日は唐揚げにして、甘酸っぱいたれをかけました。子どもたちの反応が楽しみです。

6月28日

6月27日(木)

ごはん・肉じゃが・ひきないり・梅干し・牛乳


今日のメニュー「ひきないり」の「ひきな」とは、千切りにした大根のことです。「ひきな」を炒めたものを「ひきないり」といって、福島県の郷土料理です。今日は切り干し大根を使い、ささみや人参、ピーマン、ちくわなどと一緒に炒めました。新メニューでしたが、子どもたちは食べてくれたでしょうか。

6月27日

6月26日

食パン・キーマカレー・キャベツの炒め物・とうもろこし・牛乳


ひよこ豆は、鳥のくちばしの形に似ているのでこの名前がつきました。また世界では、いろいろな呼び方をします。ガルバンゾーやチックピーと呼ばれているそうです。

6月26日

6月25日(火)

ごはん・かきたま汁・豚肉のしょうが炒め・じゃこピーマン・牛乳

ピーマンは唐辛子の仲間ですが、辛みがないように変身させた野菜です。体を元気にしてくれるビタミンCがたっぷり入っています。今日はちりめんじゃこと甘辛く味付けしました。少しの量でもごはんがたくさん食べられるおかずです。ピーマンが苦手な子も、ご飯と一緒に残さず食べていました。

今日は「ぱくぱく週間」最終日でした。毎日ほとんどのクラスが、食缶を空っぽにして戻してくれました。残菜ゼロの取り組みがしっかりできました。明日からもたくさん食べてほしいと思います。

6月25日

6月24日(月)

わかめごはん・冬瓜汁・きびなごの南蛮漬け・煮豆・牛乳


今日の献立、「きびなごの南蛮漬け」のきびなごは「きびいわし」とも呼ばれ、夏においしくなる魚です。今日はきびなごを揚げて、甘酸っぱい味付けにしています。鹿児島県の郷土料理です。夏に食欲のわく献立です。

6月24日

6月21日(金)

黒糖パン・沖縄そば・ゴーヤーチャンプルー・パイナップルゼリー・牛乳


6月23日は「沖縄慰霊の日」です。この日は太平洋戦争で、沖縄での戦いが終わった日です。戦争で犠牲になった人々の安らかな眠りと、平和を祈るため、「沖縄慰霊の日」が定められました。今日の給食は平和への思いを込めた沖縄料理でした。ゴーヤーチャンプルーのゴーヤーが苦手な人もいたようですが、どのクラスもたくさん食べてくれて、空っぽの食缶が帰ってきました。



6月21日

6月20日(木)

ごはん・回鍋肉(ほいこうろう)・厚揚げのチリソース・ミニフィッシュ・牛乳


回鍋肉は豚肉とキャベツを炒め、甜麺醤(テンメンジャン)という甘辛い味噌で味付けした、中国料理です。野菜もたくさん鶏ことができ、味噌の濃いめの味付けで、ごはんもすすみます。今日もよく食べてくれていました。

6月20日

6月19日(水)

コッペパン・トマトスープ・ホキのカラフルソース・枝豆・牛乳


今日のホキのカラフルソースには、赤と黄色のパプリカを使用しています。パプリカはピーマンと同じ、唐辛子の仲間ですが、辛味はなく、ピーマンのような苦味もほとんどありません。今日は2色のパプリカを甘酸っぱい味のソースに入れて、上げたホキにかけました。見た目もカラフルできれいに仕上がりました。

今日から1週間津田南小学校では、残菜ゼロの取り組みとして「ぱくぱく週間」が始まりました。今日はほとんどのクラスが完食でした。

6月19日

6月18日(火)

ごはん・そぼろ煮・煮びたし・昆布の佃煮・牛乳


今日の献立、昆布の佃煮の昆布には、おなかの中をきれいにする食物繊維や、骨や歯を丈夫にするカルシウムだけでなく、旨味のもとがたくさん含まれています。給食では、昆布でだしもとっています。

今日はPTA の給食試食会で、保護者の皆さんにも給食を味わっていただきましたが、昆布のだしのおいしさも感じていただいたこと思います。

6月18日

6月17日(月)

ごはん・みそ汁・筑前煮・焼き魚(赤魚)・牛乳


今日の味噌汁には、夏野菜の「なす」が入っています。なすはインドで生まれ、中国から日本に伝わりました。今から1300年ほど前には、日本で食べられていたようです。煮る、焼く、油で揚げるなど、どんな料理にもよく合います。給食でも、これからの時期、いろいろな料理に使っていきます。

6月17日

6月14日(金)

コッペパン・和風スパゲッティ・チンゲン菜の炒め物・冷凍みかん・牛乳


みかんは秋から冬に旬を迎えますが、この時期にたくさんとれた甘くておいしいみかんを冷凍して、夏になべられるようにしたのが冷凍みかんです。冷凍みかんは、今から60年ほど前、神奈川県の小田原という町で作られて、小田原駅の売店で売られ、全国へ広まりました。今日は少し肌寒い中での冷凍みかんでしたが、おいしく食べてくれたでしょうか。

6月14日

6月13日(木)

ごはん・鶏団子汁・もずくのかき揚げ・高野豆腐の含め煮・牛乳


もずくは、海の浅いところで育つ、海藻の仲間です。日本で食べられているもずくは、ほとんどが沖縄県産です。ぬるぬるとしたぬめりが多いのですが、今日はサクサクのかき揚げにしました。海の幸を味わってほしいと思います。

6月13日

6月12日(水)

食パン・米粉のクリームスープ・豆腐ハンバーグ・キャベツのソテー・牛乳


給食で大人気のハンバーグは、モンゴルで考えられた料理がアメリカにわたり、ハンバーグと呼ばれるようになりました。日本で食べられるようになったのは、60年ほど前のことだといわれています。今日は、玉ねぎたっぷりのトマトソースを添えました。

6月12日

6月11日(火)

すしご飯・ごじる・牛肉とピーマンの炒め物・焼きのり・牛乳


今日は、焼きのりにすしご飯と人参シリシリ、牛肉とピーマンの炒め物をのせて、巻いて食べるメニューでした。

すしご飯に入っている酢には、食欲がない時に食べやすくしてくれたり、疲れをとってくれる効果があります。給食をたくさん食べて、これからの暑い夏を元気に過ごしてほしいです。

6月11日

6月10日(月)

ごはん・チキンカレー・コロコロソテー・福神漬・牛乳


今日は子どもの大好きなカレーです。家庭のカレーといえば、牛肉を使うことが多いですが、給食では鶏肉や豚肉を使ったカレーもよく登場します。使うお肉によって、カレーの味わいも変わってきますが、子どもたちはどのカレーが好きでしょうか。

6月10日

6月6日(木)

ごはん・そうめんのばち汁・切り干し大根の煮物・鮭のねぎだれ・牛乳


今日の献立、「そうめんのばち汁」は、兵庫県播州地方の郷土料理です。この辺りでは昔からそうめんづくりが盛んです。(「揖保乃糸」などの商品名は聞いたことがあると思います)そうめんを細く伸ばすために、引っ張ると両端に平たい部分ができますが、この部分が三味線のばちに似ていることから「そうめん ばち」と呼ばれるようになりました。

6月6日

6月5日(水)

レーズンパン・レタススープ・揚げじゃがいもとピーマンの炒め物・枝豆・牛乳


揚げじゃがいもとピーマンの炒め物は、じゃがいもをきつね色に揚げ、ベーコン、ピーマンを炒めて、ミキサーにかけた生姜、調味料で味付けしたたれと合わせました。揚げじゃがいものシリーズは子どもたちに大人気で、ほかにもアスパラガスやごまだれと合わせるメニューがあります。

6月5日

6月4日(火)

ごはん・磯煮・キャベツの赤紫蘇和え・カリカリ黒豆・牛乳


赤紫蘇は6月~7月に食べられる野菜です。今日は給食に新登場です。ゆでたキャベツに赤紫蘇のふりかけを混ぜて、しょうゆで味付けをしました。ごはんに合うさっぱりした和え物です。今日は釜の鉄分と反応して色が少し黒っぽくなってしまいましたが、味や安全に問題はありません。新メニュー、子どもたちはおいしく食べてくれたでしょうか。

6月4日

6月3日

ごはん・みそ汁・牛丼・卯の花の炒り煮・牛乳


今日は大人気の「牛丼」です。給食では、ごはんの上にかけて提供できませんので、ごはんと具を別々に配膳し、食べるときに自分でごはんの上にかけてもらっています。ところで日本で一番牛を飼っている都道府県は北海道で、約550万頭飼っているそうです。今日の牛肉も北海道などの産地からのものです。子どもたちにはたくさん食べてほしいと思います。

6月3日