ページの先頭です
メニューの終端です。

[旧田中家鋳物民俗資料館]新型コロナウイルスに関する見学・施設利用のご注意

[2020年9月29日]

ID:23694

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

10月1日以降の体験工房の利用人数を緩和しました

現在コロナ対策を図りながら段階的に施設利用を再開しておりますが、10月1日(木曜日)から下記のとおり、施設の運営を行うこととしましたのでお知らせします。

体験工房の利用について

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、利用に当たっては、以下の事項を遵守していただきますようお願いいたします。

□利用者の中に発熱、せき、下痢などの体調不良者がいないこと。

□施設の利用前後に石けんによる手洗いを行うこと。

□定員(25人)以内での利用に戻しますが、大声を発する活動等については、定員のおおむね2分の1(12・13人)以内で利用すること。

□利用者同士が直接接触する行動をしないこと。

□おおむね30分ごとに扉や窓を開放し、部屋の換気を行うこと。

□利用者はマスクを着用すること。
マスクをしたままの活動が困難であり、フェイスシールドを使用する場合は、対面を避け、人との間隔を1メートル以上確保するなど、飛沫拡散等に注意すること。

□そのほか新型コロナウイルス感染防止のため施設管理者が定めた事項を遵守するとともに、施設管理者の指示に従うこと。

展示施設の見学

状況に応じ、入館の際に人数制限や時間制限などを行う場合があります。

発熱、せきなど風邪のような症状がある人は来館を避けてください。また、入館の前後に手洗いや手指の消毒を行うなど、新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご協力をお願いいたします。

イベントについて

資料館及び体験工房の主催事業については、令和年10月1日以降、再開しています。
開催状況は「広報ひらかた」やホームページ等でお知らせします。

なお、感染予防のガイドラインに基づき適切な感染防止対策を実施するため、講座の内容、定員・座席などを、従来から変更する場合がありますので、ご了承ください。


[旧田中家鋳物民俗資料館]新型コロナウイルスに関する見学・施設利用のご注意への別ルート