ページの先頭です
メニューの終端です。

スーパーキッズ・オーケストラの中井楓梨さんがヴァイオリン演奏で観客を魅了

[2019年4月1日]

ID:22591

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

枚方市若手芸術家支援事業 アート・スプラウトシリーズ パフォーミングアーツvol.1

演奏者

世界的指揮者佐渡裕さんが率いるスーパーキッズ・オーケストラに在籍する市内在住の高校1年生、中井 楓梨(なかい かりん)さんの初のヴァイオリン・リサイタルを平成31年3月31日(日)に、さだ生涯学習市民センターで開催しました。これは、枚方ゆかりの若手芸術家の活動を広く発信・支援する市の事業アート・スプラウトシリーズのパフォーミングアーツ 第1弾として開催したもので、事前に配布した整理券130枚が早々になくなる人気ぶりでした。

MCの様子
リサイタルでは、楓梨さんの母親で枚方演奏家協会副代表の中井由貴子さんのピアノで、ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ第5番「春」、マスネ「タイスの瞑想曲」など、アンコール曲を含めて10曲を披露しました。16才とは思えない卓越したテクニックで優しく、温かく、時に力強い旋律のメロディを奏で、会場の観客を魅了しました。鑑賞した市民の皆さんからは、「素晴らしい演奏でした。」「こんなすごい人材が枚方にいたなんて!」という感想をいただきました。

今後も、若手芸術家の支援事業の一環として、アート・スプラウトシリーズパフォーミングアーツを開催していきます。


スーパーキッズ・オーケストラの中井楓梨さんがヴァイオリン演奏で観客を魅了への別ルート