ページの先頭です
メニューの終端です。

シティプロモーション推進プラットホーム“一緒に考えてくれるなら”

[2019年2月20日]

ID:21698

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

“一緒に考えてくれるなら”とは

企業・大学等(以下、「事業者」という。)の皆様と行政課題を共有し、皆様のアイデアや知識、技術を活かした提案により、枚方市ならではの施策につなげるための場として、枚方市シティプロモーション推進プラットホーム“一緒に考えてくれるなら”(以下、「プラットホーム」)を構築します。

プラットホームの概要

運用イメージ

プラットホームの可能性

(1) 枚方市が考える課題について知ることができる

⇒プラットホーム登録事業者には課題が掲載されましたらメールでお知らせします。

(2) 他業種との横連携

⇒多種多様な主体にご登録いただくため、事業者間のさまざまな連携・新たなビジネスチャンスが期待できます。

(3)企業価値の向上

⇒登録事業者や連携・協働実績についても枚方市定住促進サイトに掲載、PRを実施します。

プラットホームに登録しませんか?

提案の提出やプラットホーム会議へ参加するには、事前に登録が必要となります。

以下の要領をご確認のうえ、登録手続きを行ってください

<登録の流れ>

(1) 以下のリンクから登録用フォームのページに移動し、必要事項を入力して下さい。

(2) 自動返信により受付メールが届きます。

(3)後日、市から登録完了のご連絡をさせていただきます。

登録用フォームはこちら(別ウインドウで開く)

課題類型と会議形式

プラットホーム登録事業者と検討する課題に応じ、以下の形式で会議を実施します。

プラットホーム類型

※現在募集しているテーマはこちら

※事業者の皆様から独自に提案をいただく「事業者発案型」は随時受付しています。

提案の提出

提案いただく場合は、「提案シート(Tシート)」を作成し、以下のメールアドレスへ送付してください。

<枚方市役所 総合政策部 ひらかた魅力推進課>

 teian-hirakata@city.hirakata.osaka.jp

メール送信時の件名は【(※※)枚方市シティプロモーション推進プラットホーム 提案提出】(※※ )内はご提案いただく、事業者名を挿入してください。

様式集

提案要領と各種様式集など
様式名称 説明

登録、提案要領

プラットホームに参加(登録)、提案を実施していただく際の、手順や留意事項を記載した要領です。

運用の流れ

プラットホームの全体的な運用の流れを説明した資料です。

提案シート

(T(1)シート)

プラットホーム登録事業者が作成します。

提案募集シート(Bシート)を参照し、提案内容やその提案を実施した場合の実施効果及び提案時の参考資料等を添えて、提出していただきます。

提案シート

(T(2)シート)

プラットホーム登録事業者が作成します。

事業者の皆様が独自に提案を行う際に作成する様式です。

質問書

提案を行う前に募集内容などへの質問がある場合に提出する様式です。

 整理シート

(Sシート)

枚方市が作成します。

プラットホーム会議を経て、その提案を「連携(協働)」して実施、または「市単独」で実施するなど、提案の実施に向けた方向性を整理し、一般に公開する資料です。