ページの先頭です
メニューの終端です。

台風21号について

[2018年11月1日]

ID:21647

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成30年9月4日、台風21号が非常に強い勢力を維持したまま、四国や近畿地方を縦断しました。本市におきましても、交通機関の運休や広範囲にわたる停電が発生したほか、家屋被害や倒木による通行止めなど、市内各地に大きな被害をもたらしました。被害に遭われた皆様に、心からお見舞いを申し上げます。

本市では、市民の皆様からの多くのお問い合わせに対応するため、9月5日、台風21号の被害に関する相談窓口を市役所本館3階(福祉指導監査課横)に設置いたしました。建物被害に関することなど、被害に伴う各種相談に応じております。また、市ホームページでも台風に関する各種情報を随時掲載しておりますので、ご確認ください。

台風通過の2日後、9月6日には、北海道で最大震度7の大地震が発生いたしました。6月の大阪北部地震、7月の西日本豪雨、そして、このたびの台風21号及び北海道での大地震と、今年は日本各地で大規模災害が多発しており、日常生活と自然災害は常に隣り合わせであることを改めて痛感いたしました。

今後、本格的な台風シーズンを迎えます。

本市といたしましても、危機管理体制のより一層の充実と浸水対策に取り組む所存ではありますが、市民の皆様におかれましても、日頃の備えを今一度ご確認いただくとともに、避難にあたっては早めの行動をとっていただきますよう、よろしくお願いいたします。

平成30年9月6日 枚方市長 伏見 隆