ページの先頭です
メニューの終端です。

協賛

[2018年4月2日]

ID:17791

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

協賛事業一覧
4月
事業名 実施時期 概要
2017枚方市緑化フェスティバル
“ふるさとかかし探索スタンプラリー”
関連イベント事業
4月15日・16日 「みどりを深める」をテーマに地域資源を活かしたスタンプラリー。市民参加型のイベントとして、行政と市民の手でよりまちへの愛着や誇りを高める取り組み。
絵画個展(油彩・水彩) 4月16日~
4月29日
『絵画は年齢に関係なく、どなたでもやる気があれば向上できることを市民の皆さんにお伝えしたい』72才から油彩・水彩の絵画を習い始めた市民による個展。
5月
事業名 実施時期 概要
AQUA SOCIAL FES!!2017
水の都大阪の水辺を守り、親しもう!
山田池公園で外来植物の刈り取り&
玉ねぎの収穫体験
5月13日 水辺の保全や触れ合いを通じて、水の都大阪を楽しむことを目的として、山田池公園内で繁茂する外来植物セイバンモロコシの刈り取りと、玉ねぎの収穫体験を実施。
公園シネマ
「シェフ三ツ星フードトラック始めました」
5月27日 枚方T-SITEの1周年に、エンターテイメント企画として、岡東中央公園で映画上映会を開催。
6月
事業名 実施時期 概要
枚方宿ジャズストリート2017ビッグバンド
フェスティバル
6月11日 宿場町として栄えた枚方宿のロケーションを活かしつつ、市内で行われる連携イベントと同時開催し、枚方市駅周辺が音楽で盛り上がるひとときをお届け。
inrevium杯 第17回レスキューロボット
コンテスト競技大会大阪予選
6月25日 防災・減災について広く啓発し、将来レスキューロボットのように人に役立つモノをつくりたいという子ども達を育むことを目的に、未来の救命救助につながるロボット競技会としてレスキューロボットコンテスト競技会大阪予選を開催。
「ひらかた絆フェスティバル」 ~地域の絆で結ぶ魅力あふれるまち
“ひらかた”の創造~
6月30日・
7月1日
一般社団法人青年会議所創立55周年事業。多くの市民が枚方の魅力に触れまちを知るとともに大人と子供が絆を深め世代のもつ価値観を共有し、まちの未来を創造することが目的。
7月
事業名 実施時期 概要
「ひらかた絆フェスティバル」 ~地域の絆で結ぶ魅力あふれるまち
“ひらかた”の創造~
6月30日~
7月1日
一般社団法人青年会議所創立55周年事業。多くの市民が枚方の魅力に触れまちを知るとともに大人と子供が絆を深め世代のもつ価値観を共有し、まちの未来を創造することが目的。
第2回 東日本復興支援チャリティ
コンサート
~千の音色でつなぐ絆 枚方ヴァイオリン
コンサート~
7月2日 被災地の復興への願いと、震災の教訓を風化させずに世代を超えて語り継いでいくことを目的とする。被災地の方による公演、枚方ゆかりのヴァイオリニストによるチャリティコンサートを開催。収益の一部は被災地の復興支援の義援金等とする。
「七夕技芸展」 7月7日~
7月12日
枚方が魅力ある七夕のまちであることを知ってもらい、誇りをもって住んでいただけるきっかけになればと、20年以上に渡りプロアマ問わず市民の力作を展示発表。
第18回市民・芸能ファンタジー 7月29日・30日 「枚方鳴子踊り」など大いに枚方の魅力を生み出し、広めていく、市民が主体的に取り組み創り上げる、踊りなどの芸術・芸能の発表の場。
8月
事業名 実施時期 概要
糸から尊延寺・木造軍荼利明王像が現れるとき 8月4日~
8月9日
平成28年8月に枚方市内で初めて、仏像として国の重要文化財に指定された、尊延寺の木造降三世・軍荼利明王立像の2体を、応仁の乱に西陣と呼ばれて550年を迎える西陣織にて立体の美で謹織し、くずはアートギャラリー「西陣美術織・国宝の仏像回廊展」にて一般公開。
第8回くらわんかフェスティバル in 枚方 2017 8月6日 枚方市内の市民団体・幼小中高大学生による踊りの祭典。地域の活性化、世代を超えた市民の汗と涙と努力の成果を発表する華やかなステージ。
食と暮らしのマーケット 8月6日 盛夏の候、自然に囲まれた意賀美神社境内で、昔ながらの食・暮らし・ものづくりの良さを伝えるマーケット。和太鼓やフラダンス、シャボン玉遊び、ヨガ、ライブペインティングなど子どもも大人も元気いっぱい楽しめる演舞やワークショップも開催。
CRASH BOXING vol.12 in 枚方 8月11日 当ジムのプロ選手が多数出場し、18才~26才の若いプロボクサーがリングに上がるほか、枚方市の中高生を無料招待し、ボクシング及びスポーツを通して夢と感動を共感していただき、青少年健全育成に取り組む。
9月
事業名 実施時期 概要
第4回枚方D-1コンテスト 9月10日 全国の幼児から高校生を対象にしたダンスコンテスト。
枚方七企業団地連絡協議会 コマ競技大会 9月12日 枚方七企業団地の中のモノづくり企業と北大阪高等技術専門校に参加を呼びかけ、「コマ」という製品を通して、日頃は目につきにくい部品加工のプロの技を競うとともに枚方市内のモノづくり企業の活性化と技術交流を図る。
第8回 健康セミナー 9月14日 枚方市民を中心とした北河内7市の市民に「健康長寿推進」として健康セミナーを行い、市内外の多くの人に「健康意識の向上」および、枚方市への興味・関心を持っていただけるよう図る。
第52回枚方市商業まつり
(枚方市市制施行70周年記念協賛)
9月15日~
9月24日
枚方市の小売商業活動の活性化及び消費者への還元と、持続的な消費活動を刺激し、活性化の推進を図る。
枚方プロレスまつり
田中祐樹デビュー10周年記念大会
9月24日 フリーのプロレスラーとして関西を中心に活動している田中祐樹のデビュー10周年。熊本地震の復興支援チャリティーとしても行う。
10月
事業名 実施時期 概要
ひらかたNPOフェスタ2017 10月1日 幣法人ひらかた市民活動支援センターに登録している44の団体が中心となり、健康/福祉・社会教育/子ども健全育成・文化/芸術/スポーツ・環境・国際協力等幅広い分野の各種イベントを実施。枚方市内・市外の来場者と一緒に楽しめる内容を企画し開催。
第4回「ひらかたまちゼミ」
(枚方市市制施行70周年記念協賛)事業
10月1日~
10月31日
枚方市及び周辺の各商店が講師となり、各商店の専門知識や特性やネットワークを生かして少人数のゼミナール(講習)を開催し、各商店の存在や特徴を知ってもらい、各商店とお客様との交流を通じ、各商店のファンづくりと市内商業の活性化の推進を図る。
千人の月見の宴 10月4日 中秋の名月に、枚方PR大使である重要無形文化財能楽師・辰巳満次郎の「薪能」と、ミュージシャン宇崎竜童のブルースによる第3回「千人の月見の宴」を開催。
油彩・水彩絵画のF8号・10号の個展 10月14日~10月22日 『絵画は年齢に関係なく、どなたでもやる気があれば向上できることを市民の皆さんにお伝えしたい』72才から油彩・水彩の絵画を習い始めた市民による個展。
平成29年 秋巡業
枚方市市制施行70周年記念
大相撲枚方場所
10月20日 1500年以上の歴史を持つ日本の伝統文化を、枚方市立総合スポーツセンター 総合体育館で開催。
11月
事業名 実施時期 概要
「みんな集まれ!レク・スポフェスタ」第4回淀川河川公園ふれあいマラソン

台風により中止
11月3日 障がいのある方もない方も、子どもからお年寄りまで幅広い世代の多様な方々が同じスポーツやレクリエーションを通じて、交流する機会を提供し、ノーマライゼーションの理念の普及啓発を図り、地域活力の向上に貢献する。
枚方宿ジャズストリート2017 11月11日・12日 宿場町として栄えた枚方宿のロケーションを活かしつつ、市内で行われる連携イベントと同時開催し、枚方市駅周辺が音楽で盛り上がるひとときをお届け。
こころの健康フォーラム in ひらかた 11月19日 枚方市民の心の健康増進と、心の病の未然発症予防を期して、代表者の個人的な闘病の経験と、20年以上の回復への無償支援の集大成として実施。
第8回枚方キッズ英語スピーチコンテスト 11月23日 地域の次代を担う子供達がその将来に必須となる国際公用語である英語の力を切磋琢磨できる環境を提供し、国際化される都市・地域の礎となる人材の育成を目的として開催。
OSAKAモリアゲ隊 presents ひらかたDASH!! ~人が集まるまちのイベント~ 11月23日 オリジナルマスクを子どもを対象にデザインを公募し、試合中にお披露目したり、枚方市岡本町公園を盛り上げ、「人の集まるまちづくり」「安全で楽しい」「動物愛護」等を掲げ、勤労感謝の日に老若男女問わず楽しめるイベントを開催。
12月
事業名 実施時期 概要
「枚方市民メサイア公演2017」の
公演開催
12月17日 平成20年12月に枚方市との共催事業として第1回目の公演を開催して以来、毎年公演を続け、枚方市の年末を飾る恒例の音楽の祭典として定着してきた公演。
命を守ろうプロジェクト
枚方市福祉チャリティー
PRO-KARATEDO「達人6」
12月24日 空手の発表の場として、子どもも大人も今まで鍛錬してきた成果を武道として試合や演武などさまざまな形態で発表する大会。大会の売上の一部を障碍者施設、老人ホームなどに寄附として車椅子などを大会の際にリング上で贈呈予定。
1月
事業名 実施時期 概要
第41回「新春走ろうかい」ひらかたハーフマラソン 1月8日 “自分のペースで走ろうかい”を合言葉に、気軽に走れるマラソン大会として事業を開催し、市民の健康増進・体力づくりを目的に開催。
「第29回天の川とんどまつり」 1月14日 天野川にかかる天津橋の河川敷にて地元地域の方たちとともに続けている枚方の風物詩。
2月
事業名 実施時期 概要
枚方市市制施行70周年記念協賛事業
FMひらかた TANEBI新曲リリースライブ in ニトリモール枚方
2月17日 枚方出身のミュージシャン上田和寛と日本ミュージック界で活躍めざましい杉山勝彦のユニット「TANEBI」のコンサート。くらわんこをはじめとする枚方生まれのゆるキャラのダンスパフォーマンスやビンゴ大会、アニメクイズなども開催。
食と暮らしのマーケット 2月25日 梅が満開の意賀美神社で開催するマーケット。ウクレレやクラリネット、和太鼓、オカリナなどの演奏、枚方出身の絵本作家はしだみきこさんによる小さな子どもも一緒に楽しめる『オリエステル』折り紙を使った電車作りのワークショップなども。
3月
事業名 実施時期 概要
油彩・水彩絵画個展 F8号・F10号・F30号 3月17日~
3月25日
『絵画は年齢に関係なく、どなたでもやる気があれば向上できることを市民の皆さんにお伝えしたい』72才から油彩・水彩の絵画を習い始めた市民による個展。
「みんな集まれ!レク・スポフェスタ」第4回淀川河川公園ふれあいマラソン 3月18日 障がいのある方もない方も、子どもからお年寄りまで幅広い世代の多様な方々が同じスポーツやレクリエーションを通じて、交流する機会を提供し、ノーマライゼーションの理念の普及啓発を図り、地域活力の向上に貢献することを目的としています。
※台風により中止となった11月3日振替分
第21回公演「芸能名流会」 3月18日 市民が主体的に取り組み、日本舞踊、創作舞踊、民謡舞踊など日本の文化である伝統芸能の普及発展の原動力となる舞台。市民どうしの親睦をはかり、友好を深め、芸能・芸術の地域文化の発展に尽くす事を目的とする。
その他
事業名 実施時期 概要
枚方市市制施行70周年を記念した
アマチュア無線特別局8N3H70Y(仮)の
開設・運営して全国に枚方市制70周年を
広く周知を図る事業
通年 「枚方市市制施行70周年記念特別局8N3H70Y(仮)」を開設、枚方市内在住のアマチュア無線家が中心となり運用、全国のアマチュア無線局と交信する。記念式典会場や各種イベント会場で特別局8N3H70Y(仮)の公開運用を行い、枚方市民に「枚方市制70周年」の周知を図る。

蘇れ!淀川の舟運(一本松海運(株)主催事業)

舟運復活!淀川歴史探訪の旅(大阪水上バス(株)主催事業)

実施月
4・9・10
実施月
5・11月7日・10日・12日・14日・17日・21日・24日・28日
淀川舟運や沿川の歴史に関する説明のほか、往時の「三十石船唄」を聞きながら船旅を楽しめる舟運イベント。天満橋の八軒家浜(はちけんやはま)船着場と枚方船着場の間を運航。鍵屋資料館で特製弁当や船内弁当、鍵屋資料館の入館券付。
FMひらかた情報誌「ひらナビ779」
Vol.7(2017年4月~9月)
4月1日~
9月30日
FMひらかた情報誌「ひらナビ779」に周年記念事業の掲載をして、周知を図る。
枚方市交流都市サービスデー
(枚方市市制施行70周年記念協賛)
8月18日・19日・25日・26日
9月1日・2日
12月8日~10日
枚方市の商業振興並びに経済の発展を目的とし、友好都市(北海道別海町)・市民交流都市(北海道伊達市)との経済交流を通じて産地直送販売を市内の会員店舗等を通じて実施。
優雅なクルーズ船「ひまわり」で淀川の
魅力再発見「淀川浪漫紀行」
運航日
9月10日・16~18日
10月7~9日
11月12日、12月10日、2月11日、3月11日
「枚方宿くらわんか五六市」が開催される第二日曜日を中心に、三十石船や川蒸気船の往来していた八軒家浜と枚方の間を、優雅なクルーズ船「ひまわり」で計11回運航。
おたっしゃコール ~高齢者の在宅医療・福祉・介護分野で、西の横綱と言われた「枚方市」を取り戻す。~ 9月1日~
平成30年3月31日
毎日定時に、電話回線を通じて自動的に高齢者宅側とセンター側を結び、会話をすることで認知症を予防し、孤独死の防止を図る。
枚方宿みなと五六市 平成29年12月~平成30年3月までの第2日曜日 淀川河川公園枚方地区に、あたたかな手作り商品がずらりと並ぶ市を目指し、東海道56番目にあたる「枚方宿」で開催されている「枚方宿くらわんか五六市」と同時開催することで、枚方宿と淀川河川公園を含むこの一帯に更なる活気と大きな賑わいを作り出すことを目的とする。