ページの先頭です
メニューの終端です。

満員御礼 近藤浩志 チェロ・リサイタル

[2018年3月10日]

ID:17732

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

香里ケ丘図書館建替え休館前ラスト・イベント

平和への想いを熱く重厚な音色で奏で、朗読も披露

平成30年2月28日、120人来場

香里ケ丘図書館は建替えのため、平成30(2018)年3月1日から令和2(2020)年夏ごろまで休館します。築44年の図書館の最終日に、地元出身でもあり、大阪フィルハーモニー交響楽団チェロトップ奏者である近藤浩志さんが古典から現代ポピュラー曲まで熱く重厚な音色を奏で、心温まる絶妙なトークで聴衆を魅了しました。

近藤浩志さんは香里ケ丘地区で育ち、小学生の頃、香里ケ丘図書館に通いつめ、本を返し忘れて図書館から電話がかかかってきたエピソードを紹介しつつ、香里ケ丘が歩んだ戦争と平和の歴史にも言及し、世界各地の戦争と平和にまつわる音楽を演奏しました。「カタロニアの鳥はピース、ピースと鳴きます」とカザルスが演説したことで有名な「鳥の歌」のほか、出征する息子を想う「ダニーボーイ」では朗読まで披露しました。急きょ応援に駆けつけたご友人の岡山理絵さんのピアノ演奏に乗せて切々と朗読し、続けて、近藤さん自身の編曲で「ダニーボーイ」を力強く演奏しました。

参加者からは「涙が出るほど感動した」「ぜひ、再開館のときも近藤浩志さんのチェロが聞きたい」などの声が寄せられました。素晴らしい音楽に包まれて「香里ケ丘が歩んだ戦争と平和を」会場が一体となって振り返ることができました。

プログラム

カザルス編曲「鳥の歌」、バッハ作曲「無伴奏チェロ組曲」、アイルランド民謡「ダニーボーイ」、山田耕作作曲「この道」ほか

図書館職員による朗読、野上房雄作「ぼくらの学校」


お問い合わせ

枚方市立香里ケ丘図書館

電話050-7102-3111

ファクス072-853-2041


満員御礼 近藤浩志 チェロ・リサイタルへの別ルート