ページの先頭です
メニューの終端です。

ハンセン病について

[2019年10月30日]

ID:17627

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ハンセン病問題解決に係る啓発事業を開催します!

「大阪にあったハンセン病療養所をご存知ですか」 パネル展&DVD上映

明治42年(1909年)、現在の大阪市西淀川区中島2丁目付近で約2万坪の土地に1つのハンセン病療養所「外島保養院」が設立されました。しかし、昭和9年(1934年)に閉院されました。なぜ、閉院されたのか。この歴史をたどり、外島保養院、ハンセン病問題の歴史を風化させることなく伝えていきます。入場は無料、事前申し込みは不要です。


【パネル展】ハンセン病への正しい理解・大阪にあったハンセン病療養所の歴史に係るパネルを展示し、関連パンフレット等を配布します。

【DVD上映】○ハンセン病問題~過去からの証言、未来への提言~(56分)  ○家族で考えるハンセン病(20分)


日時:令和元年(2019年)11月16日(土曜日) 10:00~15:30

場所:ラポールひらかた 4階 ミーティングルーム2 (第9回ひらかた社協ふくしフェスティバル内)

チラシ

2019年度枚方市ハンセン病問題解決に係る啓発事業チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

主催

枚方市・特定非営利活動法人枚方人権まちづくり協会

ハンセン病について ~正しい理解を~

 ハンセン病は、らい菌の感染によっておこる感染症です。決して遺伝しない病気ですが、過去においては遺伝病として恐れられたり、隔離が必要な程の伝染性がある病気として誤解されてきました。
 そのような誤解が、「いわれのない差別や偏見」を生じ、重大な人権侵害をもたらしました。
 現在では治療薬が開発され、投与することにより障害を残すことなく治療できます。
 また菌の感染力が非常に弱いことから、感染することはきわめてまれで、かりに感染してもそのなかから発病する人はさらに少ない病気です。
 ハンセン病患者や回復者が地域社会から孤立せずに平穏な生活を送れるよう、一人一人がハンセン病について正しく理解し、差別や偏見のない社会の実現を目指しましょう。                                                                                                  

~ハンセン病を正しく理解するために~

関連情報