ページの先頭です
メニューの終端です。

講座「傷つけあう家族 ~DV・虐待の連鎖を断ち切るために…」

[2017年12月25日]

ID:16528

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

傷つけあう家族 ~DV・虐待の連鎖を断ち切るために…

あなたは、DVなんて特別な話だと思っていませんか?
内閣府の調査によると、女性の約4人に1人は配偶者から暴力被害を受けたことがあり、約10人に1人は何度も被害を受けているということです。
DVは、あなたの身近なところでも起こる可能性があります。あなた自身やあなたの身近な方々を守るために、この機会に学習してみませんか。

『傷つけあう家族 ~DV・虐待の連鎖を断ち切るために・・・』
日時:平成30年1月31日水曜日 午後2時~4時
場所:メセナひらかた会館 大会議室
講師:藤木美奈子さん(一般社団法人WANA関西代表理事)

申し込み:平成30年1月5日金曜日午前9時から下記にて受付開始
枚方市男女共生フロア・ウィル TEL072-843-5636 FAX072-843-5637
保育:先着10名(生後6か月~就学前児)完全予約制
その他:手話通訳・要約筆記希望の方は1月22日までに予約してください。



DVとは、親密な関係性(夫婦や恋人などのパートナー)において繰り返し行われる暴力のことを言います。
暴力にはさまざまな形(下記参照)があり、あらゆる暴力を繰り返し使われることによって、より強い支配関係が作られていきます。
◆身体的暴力:殴る、蹴る、突き飛ばす、引きずり回す
◆精神的暴力:大声で怒鳴る、殴るふりをして威嚇する、無視する、大切にしている物を壊す、自殺をほのめかす
◆性的暴力:避妊に協力しない、一方的に性行為を強要する、無理矢理にポルノなどを見せる
◆経済的暴力:生活費を渡さない、自由にお金を使わせない、預貯金を勝手に引き出す、借金の強要、「誰のおかげで食べられると思うんだ」と言う
◆社会的な行動を妨げる暴力:友人や身内との付き合いを制限する、行動を監視する、外出を制限する、電話・メール等をチェックする、浮気を疑う
◆子どもを利用した暴力:子どもの前で暴力を振るう、子どもに危害を加える、子どもを取り上げようとする、子どもの前であなたを非難する、子どもがあなたと仲良くするのを嫌う

「傷つけあう家族 ~DV・虐待の連鎖を断ち切るために…」チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

人権政策室男女共生フロア・ウィル

電話: 072-843-5636

ファクス: 072-843-5637