ページの先頭です
メニューの終端です。

11月12日から11月25日までは「女性に対する暴力をなくす運動」期間です。

[2017年11月6日]

ID:16138

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

夫・パートナーからの暴力(DV)、ストーカー、性暴力、売買春、セクシャルハラスメント、ストーカー行為等、女性に対する暴力は、女性の人権を著しく侵害するものであり、男女共同参画社会を形成していく上で克服すべき重要な課題です。

毎年、11月12日から11月25日(女性に対する暴力撤廃国際日)までの2週間 を「女性に対する暴力をなくす運動」期間とし、女性に対する暴力であり、決して許されないものであるとの社会認識を更に醸成するために、国・地方公共団体・関係団体ではさまざまな啓発活動を行っています。


ウィル・フェスタ2017 映画「ルーム」上映会

納屋に7 年間も監禁された母親とそこで生まれ育った5 歳の息子。閉ざされた「部屋」からの脱出。そして、ふたりは広すぎる世界と対峙する。(2015年カナダ・アイルランド合作映画)

日時: (1)10:00~12:00 (開場 9:30)、(2)17:00~19:00 (開場 16:30)
会場:メセナひらかた会館 2階 多目的ホール(各回定員340名)
申し込み: 電話・ファクスで受付中。※ファクスの場合はイベント名・氏名・電話番号・希望時間、保育申し込みの有無を明記。
その他:  保育(生後6カ月以上の就学前児。無料。要予約。先着10 人)要予約。先着10 人)

11月18日開催 ウィル・フェスタ2017の詳細(別ウインドウで開く)

夫婦関係について見つめなおしてみませんか?

夫婦関係を見つめ直す講座

日時:11月24日(金) 午後1時~3時
会場:メセナひらかた会館 3階 第2会議室(定員30名)
申し込み: 電話・ファクスで受付中。※ファクスの場合はイベント名・氏名・電話番号・希望時間、保育申し込みの有無を明記。
その他:  保育(生後6カ月以上の就学前児。無料。要予約。先着10 人)要予約。先着10 人。

夫婦関係について見つめなおす講座(別ウインドウで開く)

DV相談窓口

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは、配偶者や親密なパートナーからの暴力のことです。「殴る」「蹴る」という身体的な暴力のほかに、大声で怒鳴ったり、無視したりというような精神的に追い詰める暴力もあります。また、行動を監視する行為、性的な暴力もDVに含まれます。「DVかもしれない」と思ったら、ひとりで悩まないで相談してください。

枚方市配偶者暴力相談支援センター「ひらかたDV相談室」

専用電話番号:050-7102-3232

日時:平日 午前9時~午後5時30分(土・日・祝日・年末年始は休み)

DV被害者のためのその他の相談窓口

大阪府女性相談センター

専用電話番号:(1)06-6949-6022、(2)06-6946-7890

日時:午前9時~午後8時(祝日・年末年始は休み)(2)のみ夜間休日、左記以外の時間に対応

大阪府中央子ども家庭センター

専用電話番号:072-828-0277

日時:平日 午前9時~午後5時45分

身の危険を感じた時

枚方警察署(072-845-1234)、交野警察署(072-891-1234)

または、110番通報してください。被害者保護は24時間対応です。



内閣府 平成29年度 女性に対する暴力をなくす運動週間について

http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/no_violence_act/index.html#no_violence_act

お問い合わせ

人権政策室男女共同参画担当

電話: 050-7102-3239

ファクス: 072-843-5637

お問い合わせフォーム


11月12日から11月25日までは「女性に対する暴力をなくす運動」期間です。への別ルート