ページの先頭です
メニューの終端です。

企業版ふるさと納税制度を活用した寄附を募集しています

[2019年5月24日]

ID:11005

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

株式会社トイント様より寄附をいただきました

平成31年3月に、株式会社トイント様より、企業版ふるさと納税に寄附をいただきました。

 株式会社トイント(山口学様) 

株式会社トイント様のホームページはこちらからご覧いただけます。 https://www.toint.co.jp/

株式会社アカカベ様より寄附をいただきました

平成31年3月に、株式会社アカカベ様より、企業版ふるさと納税に寄附をいただきました。

 株式会社アカカベ(代表取締役社長 皆川友範様)  30万円

株式会社アカカベ様のホームページは下記のロゴをクリックしてご覧ください。

株式会社アカカベ様ロゴ

共英製鋼株式会社様より寄附をいただきました

平成30年3月に、共英製鋼株式会社様より、企業版ふるさと納税に寄附をいただきました。

 共英製鋼株式会社(代表取締役社長 森光廣様) 

共英製鋼株式会社様のホームページはこちらからご覧いただけます。http://www.kyoeisteel.co.jp/index.html 

大東楽器株式会社様より寄附をいただきました

平成29年3月に、大東楽器株式会社様より、企業版ふるさと納税に寄附をいただきました。

 大東楽器株式会社(代表取締役 細川晃平様)  30万円

大東楽器株式会社様のホームページは下記のロゴをクリックしてご覧ください。

大東楽器株式会社様ロゴ


いただいた寄附は、(仮称)枚方市総合文化芸術センターの整備にかかる経費に活用させていただきます。ありがとうございました。

企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)について

企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)の認定について

 平成28年8月2日付で、本市の「文化芸術による交流促進事業」が、地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)の対象事業として、国から認定を受けました。
 この事業は、(仮称)枚方市総合文化芸術センターを整備し、これを活用することで交流人口の増加をめざすものです。

地方創生応援税制の対象として認定された「文化芸術による交流促進事業」については、こちらをご覧ください。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

企業版ふるさと納税とは

 地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)の対象事業に対して民間の企業様から寄附をいただいた場合、一定の要件を満たせば税負担が軽減される制度です。

 現行の損金算入による軽減効果(約3割)に加えて、法人住民税、法人事業税、法人税の税額控除の優遇措置(合計で3割)が新たに講じられたことにより、実質企業負担は寄附額の約4割になります。

企業版ふるさと納税 イメージ図

イメージ図

地方創生応援税制の留意事項

  1. 「まち・ひと・しごと創生寄附活用事業」へ寄附を行うことの代償として経済的な利益を受け取ることは禁止されています。
  2. 自社の本社が所在する地方公共団体への寄附については、本税制の対象となりません。この場合の本社とは、地方税法における「主たる事務所または事業所」を指します。
  3. 1回当たり10万円以上の寄附が対象となります。
  4. 寄附の払い込みについては、地方公共団体が「まち・ひと・しごと創生寄附活用事業」を実施し、事業費が確定した後に行うこととなります。また、本税制の対象となる寄附は、確定した事業費の範囲内までとなります。

寄附の募集について

 地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)を活用した寄附を募集しています。

 企業の皆さまには、寄附を通じて本市の地方創生の取り組みを積極的に応援していただきますよう、よろしくお願いいたします。

 累計で一定金額以上のご寄附をいただいた企業には、新たに整備する総合文化施設内に、企業名を印字したネームプレートを掲示し、末永く顕彰します(希望される企業のみ)。

寄附者の顕彰
寄附金額顕彰内容
30万円以上施設内にネームプレート(中)を掲示
100万円以上施設内にネームプレート(大)を掲示

寄附のお申し込みについて

この事業への寄附を検討してくださる企業様がいらっしゃいましたら、下記にお問い合わせください。


企業版ふるさと納税制度を活用した寄附を募集していますへの別ルート