ページの先頭です
メニューの終端です。

枚方市国民保護計画について

[2017年4月24日]

ID:10950

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

特殊標章

このマークは、国民保護措置に係る職務を行う者等および保護措置のために使用される場所等を認識させるための国際的な特殊標章です。

国民保護法とは

平成16年9月に施行された国民保護法は、正式には「武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律」といい、武力攻撃を受けた場合や大規模テロなどが発生した場合に、国民の生命、身体および財産を保護し、武力攻撃に伴う被害を最小にすることができるよう、国・都道府県・市町村等の役割分担やその具体的な措置を規定したものです。

枚方市国民保護計画

国民保護法の施行に伴い、都道府県および市町村は、国民保護計画を作成することが義務づけられました。
この計画は、武力攻撃や大規模なテロなどが発生した場合に、国の方針に基づき、市が、国・府・他の市町村関係機関等と連携・協力して、迅速・的確に住民の避難や救援などを行うことができるように、あらかじめ定めておくものです。
枚方市では、国民保護法に基づき「枚方市国民保護協議会」を設置し、枚方市国民保護協議会や市民の皆さんのご意見を踏まえ、平成19年1月に計画を策定し、平成29年3月に改定を行いました。