ページの先頭です
メニューの終端です。

生ごみ堆肥化容器貸与(EM・コンポスト)モニター募集について

[2020年6月30日]

ID:7185

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

生ごみ堆肥化容器貸与(EM・コンポスト)制度

令和2年度の「生ごみ堆肥化容器貸与(EM・コンポスト)モニター」を募集します。

市では、ごみの減量方法の1つである「生ごみ堆肥化」を実践してみたいという方に、モニターとして容器の貸し出しをしています。

  • EMとはEM(有用微生物群)を米ぬかで培養した「EMぼかし」と生ごみを、密閉容器の中で発酵させる堆肥づくり。できた堆肥は容器に投入した生ごみとほぼ同量なので、堆肥の利用先が必要です。
  • コンポスト容器とはバケツを逆さまにしたような容器を日当たりの良い土中に約10センチ程度埋めて使います。微生物を活発にさせるため、容器に入れた生ごみと土を混ぜて定期的に空気を入れる作業が必要です。

募集概要

  • EM容器モニター 20世帯。
  • コンポスト容器モニター 10世帯。
  • 申し込み多数の場合は抽選。
  • いずれもモニター期間は1年間で過去5年間に貸与を受けていないこと。
  • EM容器とコンポスト容器の重複申し込みは不可。

申し込み方法

申し込みは、市役所本館・別館、減量業務室にある申し込み用紙(市ホームページから取り出し可)を同室へ郵送かファクス、または直接お出しください。

令和2年7月7日(火曜日)必着。

令和2年度EM容器貸与モニター申込み用紙

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

平成2度コンポスト容器貸与モニター申し込み用紙


生ごみ堆肥化容器貸与(EM・コンポスト)モニター募集についてへの別ルート