ページの先頭です
メニューの終端です。

宿泊学習

[2016年1月10日]

ID:6485

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成27年7月2,3日 1年生宿泊学習(近江八幡)

7月2日から一泊二日で1年生は近江八幡国民休暇村に宿泊学習に行きました。出発前まで天候が心配でしたが、2日間とも雨に降られることなく予定していたプログラムができました。

1日目は、近江八幡国民休暇村の前の湖岸で、冒険いかだ体験です。各クラスに分かれて、インストラクターの方にいろいろ教えてもらいながら、いかだを作り上げ、全クラス対抗のいかだレースなどをしました。

2日目は、午前中は近江八幡市内をグループでタウンラリー。地図を見ながらチェックポイントなどを約2時間ほど歩きました。

午後は信楽へ行き、焼き物の絵付け体験をしました。学校で下絵を完成させていたものを手に、みんな真剣に作成していました。この後焼付けをしてもらい、学校に送られてきます。出来上がりをとても楽しみにしています。

宿泊学習1
宿泊学習2
宿泊学習3
宿泊学習4
宿泊学習5
宿泊学習6
宿泊学習7
宿泊学習8
宿泊学習9

平成27年度 3年生修学旅行・長野県白馬村五竜ペンション村

5月27日から29日に、3年生は修学旅行で長野県白馬村五竜方面に行ってきました。

  • 修学旅行やその取り組みを通じ、学級集団の理解を深める。
  • 体験を通じ、協力して目標を達成する喜びを知るとともに、集団行動のルールや安全に対する認識を学ぶ。
  • 信州の自然に親しみ、環境について考える。

を目的に3日間、ほとんどクラス単位の行動で、さまざまなプログラムをこなしました。本校は10クラスとクラス数が多いため学年全体での行動が難しく、プログラム別に3つのグループ分かれ、そのプログラムをローテーションする形で三日間を過ごしました。その中身を紹介します。

1日目

3つのグループは1,2,3,4組がAグループ、5,6,9組がBグループ、7,8,9組がCグループとなり、1日目は、学校からバスで出発、途中の休憩や食事もグループごとで行い、現地に到着後、A,Cグループはラフティング、Bグループは、EXアドベンチャーを行いました。夜はクラスレク、肝試しで盛り上がりました。

修学旅行1
修学旅行2
修学旅行3
修学旅行4
修学旅行5
修学旅行6
修学旅行7
修学旅行8
修学旅行9
修学旅行10
修学旅行11
修学旅行12
修学旅行13
修学旅行14
修学旅行15
修学旅行16

2日目

2日目は、Aグループは、午前中EXアドベンチャー、午後は雪遊びとクラスレク、Bグループは午前中クラスレク、午後はラフティング、Cグループは、午前中クラスレク、雪遊び、午後はEXアドベンチャーというプログラムでした。多少、疲れた生徒もいましたが、どのクラスも全員、プログラムをこなしました。

夜は、どのクラスもミーティングを行い、クラスのメンバーの素直な思いを共有し、より仲が深まりました。

修学旅行17
修学旅行18
修学旅行19
修学旅行20
修学旅行21
修学旅行22
修学旅行23
修学旅行24
修学旅行25
修学旅行26
修学旅行27
修学旅行28
修学旅行29
修学旅行30
修学旅行31
修学旅行32
修学旅行33
修学旅行34
修学旅行35
修学旅行36

3日目

あっという間の2日間、目いっぱいプログラムをこなし、いよいよ白馬村ともお別れです。きれいな雪山の景色、仲間と過ごした時間、いろいろな楽しい経験を思い出に、白馬を後にしました。今回はほとんどクラスごとのプログラムなので、クラスの仲は、よりいっそう深まり、これからの学校生活につながっていってくれることと思っています。3年生にとってすばらしい修学旅行でした。

修学旅行37
修学旅行38
修学旅行39
修学旅行40
修学旅行41
修学旅行42
修学旅行43
修学旅行44

平成26年度 1年生宿泊学習・滋賀県休暇村近江八幡

6月6,7日、1年生は、宿泊学習で滋賀県の休暇村近江八幡に行ってきました。

「自然に親しみ、きまりを守って、一致団結のできる楽しい宿泊学習にする」を目標に、さまざまな体験を通して、クラスの中が深まりました。

1日目

  • 出発
    あいにくの雨で、集合が体育館となりました。全体集合の後、代議員からの確認と今回お世話になる旅行社の方、写真屋さんの紹介があり、クラスごとにバスに向けて出発しました。
集合
代議員
旅行社
  • 希望が丘文化公園
    枚方を出るときは雨でしたが、希望が丘に着くとその雨も上がり、インストラクターの方の指導の下、「ローエレメントチームビルド」に、クラスごとに取り組みました。
インストラクター
ローエレメント1
ローエレメント2
  • 冒険いかだ
    午後からは、場所を琵琶湖のほとり休暇村近江八幡に移し、「冒険いかだ作り」に挑戦しました。各クラス男女に別れ、インストラクターの方の指導の下、いかだを組み立てます。組み立てたいかだに、事前に学校で作った旗を立て、そのいかだに乗って、「いかだレース」をしました。最後は全員琵琶湖に入り、有意義な時間をすごしました。
インストラクター2
いかだ作り1
いかだ作り2
いかだレース1
いかだレース2
琵琶湖
  • 夕食
    晩御飯は「すき焼き」です。日中の活動でおなかがすいたのか、思いっきりご飯を食べている生徒がたくさんいました。
夕食1
肉
夕食2
  • クラスレクレーション
    夕食後はクラスごとに分かれて、レクレーションです。どのクラスも盛り上がりました。
レクレーション1

2日目

  • 学年レクレーション
    朝食の後、学年全体でレクレーションを行いました。
レクレーション2
レクレーション3
  • 飯ごう炊爨
    レクレーションの後は、昼食作りです。メニューはカレーです。飯ごうでご飯を炊くという経験がほとんどないので、悪戦苦闘しながら昼食を作りました。でも、自分たちで作ったご飯はおいしかったです。
飯ごう炊爨
火をおこす
カレー
食事風景1
食事風景2

飯盒炊爨の開始時には、少し雨に降られましたが、無事プログラムを終えて帰校しました。今回のプログラムの中で、現地のインストラクターの方に「この学校の生徒さんの動きがすごくいい、聞くときにはしっかり聞けて、行動もすばやい」とほめていただきました。

また、クラスごとに、協力しながらひとつの行事を終えたことで、みんなにとって思い出に残る行事になったことだと思います。

この宿泊学習での経験を今後の学年やクラスに生かしていってください。お疲れ様でした。 

平成26年度 3年生修学旅行白馬栂池方面(5月28、29、30日)

中学校生活で一番思い出に残る修学旅行。この日に向けて学年、クラスで準備をしてきました。3日間の集団生活のなかで、なかまの大切さ、自然の雄大さ、社会でのマナーなどを学んでくれることを期待しています。

1日目

いよいよ修学旅行のスタートです。お世話になる旅行者の方々、写真屋さんの紹介の後、最後の諸注意を受けて出発です。
朝の全体
生徒あいさつ

途中の行程は、名神高速道路がリフレッシュ工事のため、予定とは変更し、新名神、東海環状、中央道を通る行程をとりました。

恵那峡1

一日目最大のイベントラフティングです。長野県の犀川を下るコース、雪解け水や数日前に降った雨の影響で、ラフティングをするには絶好の川のコンディションのなか、クラスごとに9名ずつのグループに別れ、ラフティングボートで、約1時間の川くだりを楽しみました。

ラフティング1
ラフティング2
ラフティング3
ラフティング4
ラフティング5
ラフティング6

1日目のプログラムを終了し、宿舎に着きました。途中、激しい夕立があり、一日目に予定していた、バーベキューを急遽2日目にしました。夕食は写真のように豪華な料理、その後、入浴、クラスレク、遅くまで、宿舎でのプログラムを楽しみました。

宿
夕飯1
夕飯2
レクレーション4

2日目

2日目はクラスごとのプログラムです。EXアドベンチャー(フィールドアスレチック)、雪遊び、イチゴ狩り、魚つかみ、温泉など、事前にクラスごとに決めたプログラムを楽しみました。

白馬の風景
ローエレメント3
イチゴ狩り
雪遊び
ソフトクリーム
EXアドベンチャー1

夜は、昨日雨で延期になったバーべキュー、栂池高原スキー場のゲレンデの一角を利用して、全クラス一斉のバーベキュー、楽しみにしていたバーベキューだけあって、みんなのテンションも大いに盛り上がりました。また、久しぶりに他のクラスの仲間と会い、それぞれのクラスの交流をしあったり、夕暮れの白馬栂池の自然に心が癒されたりしながら、バーベキューをおなかいっぱい食べました。終了後、先生からのサプライズの打ち上げ花火、さだ中学校の3年生だけのための花火が空高く舞い上がり、思い出に残る修学旅行の一ページとなりました。

バーベキュー1
バーベキュー2
バーベキュー3

夜はクラスごとの「ミーティング」それぞれクラスの仲間の思いや考えをしっかり受け止め、クラスの団結力がいっそう深まる、そんな思いがそれぞれに残るものとなりました。

3日目

最終日、お土産を買って、長野オリンピックで金メダルに輝いた白馬のジャンプ台を見学、それで白馬ともお別れ、一路大阪へと向かいます。

宿とお別れ
ジャンプ台
リフト
お土産1
お土産2
白馬
帰路、安曇野スイス村で昼食をとり、帰りも名神のリフレッシュ工事中ということで、行きと同じコースを通って帰りました。
昼食
恵那峡2

予定より約30分遅れで無事帰校しました。あっという間の3日間、でも中身の詰まった3日間でした。仲間に感謝、白馬の自然に感謝です。この修学旅行でつかんだものをこれからのクラスや自分に生かして残りの中学校生活をよりよいものにしてください。お疲れ様でした。